不倫がきっかけで「離婚したい」と思った時に考えたい4つのこと

不倫相手への恋に夢中になればなるほど、「離婚したい」という気持ちは強くなります。

しかし、実際に離婚するとなると簡単ではなく、離婚の手続きが面倒くさそうとか、親戚にどう説明すればいいのかな?とか、子供がいる場合は子供にどういうケアをすべきか等、心配なことは沢山ありますよね。
離婚をして、不倫相手への愛を貫きたい!と思っても、勢いのまま行動することは出来ません。

「今の家族と別れて、恋人との新生活を始めたい」と思っているあなたへ。
離婚を決意する前に、これからご紹介する4つのことについて、一度考えてみて下さい。

離婚後の生活、やっていける?

結婚後、夫婦で家計を共にし、力を合わせて生活をやりくりしてきたはずです。
離婚をして今の家を出て行った次の日から、どのように生活してくか目途は立っていますか?

「不倫相手の部屋に泊めてもらえばいい」「恋人が助けてくれるはず」と期待を寄せるのは止めましょう。
誰かが助けてくれるに違いない、なんとかなるはず!と他人の力に期待してはいけません。

離婚後の生活を、誰の援助も無く、自立してやっていける自信が持てない限りは、家を出て行くべきではありません。
家族に払う慰謝料、新生活の準備、当面の生活費等必要なお金をきちんと計算し、確保しておきましょう。

当面の生活費に出来るだけのお金を持っていないようなら、ある程度の貯金を作ってから離婚をするべきです。
「不倫相手に助けてもらおう」「元夫に借りよう」という考えはトラブルになりやすく、お金の揉め事は人間関係を壊すきっかけになってしまいます。
お金に十分な余裕を持ってから、離婚に臨んで下さいね。

離婚するのは自分の為?彼の為?

あなたが「離婚したい」と思ったのは何故ですか?
「不倫相手の為に」または「不倫相手と結ばれる為に」離婚するのは間違いです。
離婚する理由と原因を、不倫相手の恋人に押し付けるのはダメ!あくまで「自分が離婚したいからする」のだと考えて下さい。

もし、無事に離婚が成立したとしても、必ず不倫相手と結ばれるとは限りません。
「夫婦で何年も言い争い、不倫がバレて多額の慰謝料を支払い、ようやく離婚が成立したと思ったのに、不倫相手に受け入れてもらうことは出来なかった」なんてことになったとしても、後悔しないと胸を張って言えますか?

「不倫相手と結婚出来ないとしても、離婚だけは絶対にする」という覚悟がなければ、離婚をするべきではありません。

家族への離婚の切り出し方

離婚を決意した後、次に最も悩むのは、やはり家族への「伝え方」でしょう。
元々夫婦仲が悪く、どちらともなく離婚を考えている雰囲気の家庭であるなら自然な流れで離婚を提案できるでしょうが、そうでない場合はどう切り出しても不自然になります。

「どうして急にそんなことを言い出すの?」「もしかして、他に好きな人が出来たの?」と当然不倫も疑われます。
話しがどう進んでも、勿論、一度の話し合いで全てが決まることはありません。

長い時間をかけて、相手を説得して行かねばなりません。
相手に離婚を受け入れてもらうまでには時間がかかるかもしれませんが、離婚に対する本気度を伝える為にも、いつでも家を出て行く準備と、離婚の段取りをどのように進めておくかだけはしっかり計画を立てておきましょう。

最初に「離婚したい」と伝える時は、冷静に、シンプルに、出来るだけ短い時間で話を終えること。
夫婦の雰囲気が悪くなり、会話も出来ないような関係になってしまうと離婚話は進まなくなってしまいます。
根気よく何度も話し合いを重ねて、お互いの気持ちをすり合わせましょう。

残していく家族への気遣い

離婚することになってはしまいましたが、それまで生活を共にしていた家族の事はやはり気遣わなければいけません。
これまで以上に相手の事を心配し、離婚後の相手の生活について充分に気を配って上げましょう。

離婚に際して相手が望む条件があれば、無理のない範囲で出来るだけ叶えてあげて下さい。
夫婦に子供が居る場合は特に慎重にならねばならず、子供の今後を左右する受験勉強中に離婚話をするのは避ける、入園入学に合わせて名字が変わる様に配慮するなど、離婚のタイミングには気を付けましょう。

結婚以来、苦しい時も楽しい時も一緒に生活してきた家族へ、尊敬と感謝の気持ちを最後まで無くさないで下さい。
出来る限り円満離婚になるよう努力するのが、家族に対する最大の誠意です。

むすび

不倫恋愛に夢中になると、「今すぐ離婚したい!」と舞い上がってしまうことがあります。
しかし、離婚するまでには多くの場合長い時間がかかりますし、夫婦で意見が合わない場合は激しく争わなければいけないこともあります。

やっと離婚が成立したとしても、また自分の生活を0から組み立てていくのには大きなパワーが必要です。
離婚したい!と躍起になるばかりではなく、きちんとした準備と心構えをしておきましょう。

家族としっかり話し合い、円満離婚をして下さいね。

ABOUTこの記事をかいた人

Matsu

あんゆの管理人です。
不倫、浮気、略奪愛…最後までお楽しみ下さい。