不倫は純愛

怖いけど知りたい!不倫「サレ妻」の本音5つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

既婚男性と恋をする「不倫女」がいるということは、夫に裏切られ「不倫をされている妻」つまり、「サレ妻」がいると言う事です。

不倫を楽しんでいる2人の裏側で、夫を奪われた「サレ妻」はどんな気持ちでいるのでしょうか?

今回は他ではあまり語られることのない、「サレ妻」の本音に迫ります。

夫の不倫に気付いても知らないフリをするのは何故?

夫が不倫をしている事を知っていて、相手の女性が誰なのか目星もついているのに、それでも不倫に気付いていないフリを続けるサレ妻は意外に多いもの。

離婚する時に有利になるよう証拠集めをする為にわざと不倫に気付かないフリをしている場合もありますが、そうでない場合がほとんどです。

特に、自分の仕事を持っており、夫と離婚をするつもりがない主婦は不倫を黙認します。
夫の気持ちがあくまで「遊び」で、家庭を壊す気が無いのであれば、わざわざ家庭の雰囲気が悪くなるような問題を表面化させる必要はない、放っておけばそのうち止めるだろう、と思っているからです。

更に、いざとなれば自分で生活していけるだけの金銭的精神的余裕がある妻は、「不倫をしている夫」に対して心の中で「弱みを握った」という優越感を感じていることもあります。

不倫夫と離婚しないのはどうして?

夫が不倫をしている、他の女とセックスをしていると知って、それでも離婚することなく夫婦生活を続けるサレ妻がいます。

「自分を裏切った男と、それでも一緒にいるなんて信じられない」とほとんどの女性は思うでしょうが、夫と離婚しないサレ妻には、離婚出来ないはっきりとした理由があります。

子供が小さくて、1人で育てる自信がない。
仕事をしておらず、離婚後の生活に不安がある。

離婚をすると世間体が悪くなると思っている、等々、人それぞれ違いますが、「サレ妻で居る事の苦しみ」と天秤にかけて、それでも「離婚だけは出来ない」と思うだけの理由があります。

「夫を盗られるのが嫌だ」とか「愛しているから別れたくない」という心情的なものではなく、具体的な生活や金銭に関する不安がほとんどです。

サレ妻が一番嫌がる不倫相手って?

サレ妻にとって「不倫女」はどんな女性でも憎いものですが、特に「許せない!」「ムカつく!」と思う不倫相手には共通する特徴があります。

それは、
・妻である自分よりも見た目で劣る女
・自分とは正反対な性格をした女
・元カノ、友達
です。

まず、もし不倫相手の女性が自分よりうんと若く、圧倒的な美女であれば、何も文句は言えません。
「こんなに綺麗な人に言い寄られたら、誰だって不倫をしてしまう」と諦めることが出来るからです。

しかし、もし自分より年上で、太っていて、お世辞にも可愛いとは言えないようなオバサンと夫が不倫したとしたら、「私よりこんな女の方が魅力的なの!?」と怒りを感じずにはいられません。

そして、自分と正反対の性格をした女性との不倫。

この場合、自分自身を強く否定された気持ちになってしまいます。
夫の理想の女性は自分ではなく、真逆のタイプの女性なのだと突きつけられるのは大きなショックです。

最後に、元カノや自分の友達との不倫。
元カノと不倫をするというのは、夫が元カノに対して強い執着を持っていたという証拠。

「いつから付き合っていたのか」「長い間二股をかけられていたのか」と思うと怒りは膨れ上がります。
夫の不倫相手が、良く知っている自分の友達だと言うのは勿論最悪。

2人してコソコソイチャついていたり、陰で自分の悪口を言っていたかもと考えるだけで耐えられない気持ちになります。

不倫相手の女と夫、どっちが憎い?

サレ妻がより許せないのは、自分を裏切って不倫をした「夫」でしょうか?それとも夫を誘惑し横取りした「不倫相手」でしょうか?

答えは、「不倫相手」です。

というのも、妻にとって、本気で好きになり、これからの一生を共にすると誓った男性に裏切られるというのは、「妻としての自分を否定された」「女としての魅力がない証拠」という意味だからです。

「夫が不倫をしてしまったのは、自分に魅力が足りなかったからだ」と心のどこかで分かってはいるんです。

でもそれを認めたくないから、「女の方が無理やり迫ったに決まっている」「家族が居ると知っていて近付いて来た、ふしだらな女!」と相手の女性に「不倫の責任」を押し付け、憎まずにはいられません。

サレ妻は「不倫相手女性」についてどう思ってるの?

夫に不倫をされてしまった妻は、それはもう七転八倒の苦しみを感じています。

夫の愛を失ってしまった不安、相手女性への憎しみ、家庭を守り切れなかった後悔、将来への不安など、ここには書ききれないほど沢山のネガティブな感情で心が潰されそうになるのです。

不倫相手女性に夫を奪われてしまったら、自分の味方で居てくれる人が誰もいなくなってしまいます。

不倫をされても、なお「夫を許そう、相手女性の方が悪い!」と思い込んでしまうのは「夫を失って、独りきりになりたくない」という不安がそうさせるからです。

サレ妻にとって不倫相手女性というのは、憎いと同時に、夫を奪っていくかもしれない「怖い」存在でもあるんです。

むすび

既婚男性と不倫をしている女性にとって「相手の妻」というものは絶対的な存在であり、法的に彼と結ばれ、有利な立場に居る手強い相手だと思えるかもしれません。

しかし実際は、サレ妻の方こそ「夫を奪われるかもしれない」と、不倫相手女性の事を脅威に感じているんです。

相手の家庭に余計な苦しみを与えない為にも、不倫バレだけは絶対にしないように気を付けて下さいね。

※期間限定※
あんゆ読者限定◇無料診断◇

Matsu
あんゆの管理人です。
不倫、浮気、略奪愛…最後までお楽しみ下さい。
a45451

関連記事