不倫は純愛

本気で盗りたい!略奪前提、「ガチ不倫」の楽しみ方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

既婚者に恋をし、不倫のお付き合いを楽しんでいるカップル達のほとんどは、自分達の関係は「期間限定」だと心のどこかで諦めています。

大好きな人だから一緒に居たい、でも彼は離婚してくれないし、結婚は出来ないと分かっている。
そんな切ない気持ちを抱えたまま、誰にも内緒の恋をひっそりと楽しんでいるものです。

でも、本当にそのままでいいのでしょうか?

相手の事を本気で愛しているのなら、一生に一度、徹底的に「純愛」を追いかけてみてはいかがでしょうか。
あなたと恋人が本当に運命の相手であるなら、略奪は必ず成功するし、略奪完了までのプロセスとしての恋愛も楽しめるはずです。

今回は、「期間限定」ではなく、略奪前提の「ガチ不倫」の楽しみ方をアドバイス致します。

「略奪期限」は決めない

「恋人と結ばれることはあり得ない」と既に諦めているのであれば、ズルズルと関係を続けるのではなく、期間を決めて不倫をすることをお勧めします。

「30歳を過ぎたら不倫恋愛を止めて、真剣に婚活をする」とか「相手夫婦に子供が出来たら、その時は不倫を卒業する」など、不倫を終えるきっかけを用意しておいた方が割り切って関係を楽しめます。

でも、本気で相手を略奪したいなら、不倫の期限なんて決める必要はありません。
5年かかっても10年かかっても、最終的に相手と結ばれることが出来ればハッピーエンドなんです。

「恋の期限」を決めないことで心に余裕が出来ますし、不倫成就するための作戦をじっくり練ることが出来ます。
長期戦も覚悟しつつ、相手と結ばれる為の計画を立てましょう。

自分磨きをして内面も外面も素敵になる

不倫相手を略奪したい時に理解しておかなければいけないのは、「変わるべきは、相手ではなく自分」ということです。

不倫の恋人を略奪しようとする時に「夫婦仲が悪くなれば離婚してくれるはず」「不倫関係を奥さんにバラせば、修羅場になって離婚してくれるかも」「子供さえいなければ彼は離婚してくれたはずなのに」など、相手を変化させることで離婚のチャンスを呼び込もうとする人がいますが、そのやり方は間違いです。

変化させるべきは恋人ではなく、自分自身。

「離婚をしてでも、不倫相手と一緒になりたい」「家族といるよりも、不倫相手と居る方が幸せを感じる」と相手に思わせることが、相手に離婚を考えさせるのに一番良い方法です。

それに、相手の家庭環境や夫婦仲を操作しようとしたり運に頼るよりも、恋人が一層惚れこむくらい素晴らしい人間になって、相手の心を完全に掴む方がずっと簡単で確実です。

今よりもっともっと愛される自分になるよう、常に自分磨きを怠らない様にしましょう。

自分の恋に自信を持つ

1つの家庭を壊そうとする行為に、罪悪感を持つことがあるかもしれません。
夫を奪われた後の妻からの復讐が怖いと思ったり、子供がいる家庭から父親を奪うことを罪だと感じることもあるでしょう。

しかし、「罪悪感」を持ったままでは略奪は絶対に上手くいきません。

自分の恋は純愛で、2人は運命の恋人だと強く信じる気持ちと、ポジティブな考え方がなければ恋愛は発展しないからです。
後ろ向きな考え方や怯える感情は、必ず自分の態度と表情に現れます。

恋人と一緒に過ごす時間に暗い表情をしていたり、自信が無さそうに振る舞っていては、2人の将来に明るいイメージを持つことは出来ません。

「恋人と一緒に居る時間」を幸せに過ごす為に、自分の恋に常に自信を持ち、恋人は運命の相手であると心から信じましょう。
罪悪感や償いは、略奪が成功した後に、恋人と一緒に背負っていくべきものです。

略奪が成功する前から自分一人で抱え込む必要はありません。

スキャンダルを怖がらない

本気で略奪不倫を達成しようとすると、多少強引だったり、大胆な行動に出る必要があります。

「たまには、奥さんよりも私を優先して!」と迫ったり「お揃いで、ペアの小物を持ちたい」等、本来不倫ではご法度と言われる我儘なお願いをすることで、相手の気持ちを大きく揺さぶりたい瞬間があるからです。

略奪を目標にしたお付き合いなら、これらの強引なお願いや我儘はOKです。
どうせ略奪成功した後、2人が不倫関係にあったことは周りに察せられてしまいます。

「略奪した後、相手の元家族に責められることもあるだろう」という覚悟が出来ていれば、「不倫バレ」をそれほど怖がる必要はありません。
略奪が成功してしまえば、2人が不倫関係にあったことはいつか周りにバレてしまう可能性が高いもの。

「不倫バレに怯えてコソコソ付き合う」のではなく、開き直って2人は運命で結ばれた恋人なのだと自信を持ってお付き合いをしましょう。

むすび

いつか終わりがくると諦めている「期間限定の不倫」なら、2人の関係は絶対に誰にもバレてはいけないし、周囲に絶対に迷惑をかけない「控えめなお付き合い」を心掛ける必要がありますが、略奪目的の不倫なら、全く逆。

いつか誰かにバレてしまうことも覚悟の上で、2人の愛を貫く心の強さを持ちましょう。
2人の感情が相思相愛なら、後は既婚者が「離婚の準備」を整えるのを待つだけです。

既婚者に離婚を決意させるためには、あなたが運命の恋人であると強くアピールすること。
徹底的に自分磨きをし、恋人に幸せな将来と明るい未来のイメージを与えて下さいね。

あなたと恋人が真に結ばれて、永遠の純愛が成就しますよう、応援しております。

※期間限定※
あんゆ読者限定◇無料診断◇

Matsu
あんゆの管理人です。
不倫、浮気、略奪愛…最後までお楽しみ下さい。
a45451

関連記事