不倫は純愛

本命は不倫相手?夫?…悩んだ時に考えたい4つのこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

不倫を楽しんでいる主婦のほとんどは、本気で「離婚」を考えることが出来ません。

特に専業主婦の場合は離婚が成立した後の慰謝料や生活費など金銭的負担があることを心配して、離婚を決意出来ずにいます。
家庭を支え、自分と家族の事を愛してくれる夫の事を大切に思っているし感謝もしているけれど、不倫は止められない。

しかし、不倫相手のことも心から大好きだから、離婚は出来ない。

「どっちも捨てられない」と考えている主婦は、自分にとって本当に大切なものは何なのか、最終的に自分がどうなりたいと望んでいるのかが分からず混乱してしまいます。

もしもの時に自分が選びたい「本命相手」は、不倫相手?それとも夫?
自分の「本当の気持ち」はどちらなのか、考えてみましょう。

夫を心から愛していて、夫婦円満♪それでも妻は不倫をする

「夫に不満があるから、家庭内では満たされない心を埋めてもらう為に不倫をする」という主婦は確かに多いものです。

しかし、夫に不満らしい不満も無く、幸せ家庭で充分に満足しながら暮らしている主婦でも不倫をしてしまうことがあるんです。
それは、夫と不倫相手、それぞれに求めているものが全く違うから。

「家庭環境にある程度満足出来ており、本気で夫と別れたいわけではないけれど、不倫相手とも離れられない」と考えている女性達は、夫と向き合う時は「妻」「母」としての自分、不倫相手の隣に立つ時は「女」としての自分と、役割を切り替えながらそれぞれの時間を楽しんでいます。

家庭に入っても女としての自分を捨てられない、女性としてもっと素敵に輝きたいと願う気持ちがあるから、相手によって「自分の姿」を変え、それぞれ大切に思う相手が変わるんです。

「女として満たされたい、輝きたい」という望みがある限り、主婦であっても恋をする気持ちは無くなりなりません。

不倫相手も夫も、どっちも愛しいと思う気持ち

不倫相手と夫、どちらをより愛しているとはハッキリ言えないのは当たり前かもしれません。
それぞれに求めているものが違うし、与えている愛情も別物だからです。

夫へ捧げているのは、日々の感謝や長年連れ添ってきたという情、そして一緒に家庭を守り支えてくれるという安心感です。
不倫相手へは、異性に対する特別なトキメキ、思わぬ出来事や感情を与えてくれるのではという期待、会いたくて恋焦がれる気持ち、そして性的な快感を与え合っています。

不倫相手と夫に感じている気持ちはどちらも「愛情」という言葉でひとくくりにされてはいますが、その中身は全く違うものなのです。

「どちらも愛しい」という言葉に嘘は無く、心から本当の気持ちと言えます。

結婚相手と一生を添い遂げなければいけない、という責任感

不倫相手と過ごす時間がどんなに楽しくても、どれほど「毎日を一緒に過ごせたらどんなに幸せだろう」と感じても、どうしても夫との離婚を決意出来ないのは、「夫とは一緒に居なきゃいけない」「別れられない」という責任感やプレッシャーのようなものが心のどこかにあるからです。

結婚した相手なのだから一生好きでなければいけない、感謝しなければいけない、別れるのが不安、という義務感を捨てるのはとても難しいことです。

逆に、「不倫相手と一緒に居たい」という気持ちは、それがどんなに強くても「でもそんなこと、出来るわけない」「不倫恋愛で幸せになれるはずがない」と諦めてしまいやすいんです。

結婚相手とはよほどのことが無い限り離れられない、という思い込みが、自分の素直な感情を考える時の妨げになってしまっているんです。

自分の「本音」を見つける方法

女性の場合、男性と違って「本当に心の底から、どちらの相手も同じくらい好き」という事はほとんどありません。
大抵は「女」としての心が求めている男性と結ばれたいのが本音です。

しかし1日の多くを家庭の中で過ごしている専業主婦は、家庭を出て行くことに大きな抵抗と恐怖があり、夫から離れられないと思い込んでしまっています。

恋愛の相手としての本命はやっぱり「抱かれたい」と感じる相手です。
女性の心と体は常に一致しています。

あなたの心と体が求めているのは、夫でしょうか?それとも不倫相手でしょうか。
素っ裸になって自分の本音に問いかけてみると「本命の彼」の姿が見えてくるはずです。

むすび

夫と不倫相手、どちらのことも大切だと思っている間は、どちらが自分にとっての本命なのかを慌てて決める必要はありません。
長く付き合っているうちに、相手とどんな風に付き合っていきたいのか、将来的に自分は誰と結ばれたいのかが心の中で決まってきます。

「義務感」「執着」で相手を決めるのではなく、結ばれたいと願う本当に愛しい人は誰なのか、自分の心を満たしてくれる運命の男性はどちらなのかをしっかり考えましょう。

運命の相手は、人生でたった1人です。
素晴らしい男性と真に結ばれますよう、応援しています。

※期間限定※
あんゆ読者限定◇無料診断◇

Matsu
あんゆの管理人です。
不倫、浮気、略奪愛…最後までお楽しみ下さい。
a45451

関連記事