不倫は純愛

「続きが気になり過ぎる!」男性が思わず返信したくなるLINE文章とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

LINEは、気軽にやり取りが出来て、会えない間の寂しさを紛らわせることが出来る便利なツールです。

どんなに落ち込んでいる時でも、恋人からメッセージを届くと嬉しくなってテンションが上がっちゃう♪という女性も多いはず。
「もっと沢山、LINEしたい!」「出来るだけ長く、彼とLINEをしていたい」と思いますよね。

でもLINEは、ただ長く続ければ良いというわけではありません。
やり取りをしていてお互いに「楽しい」「もっと続けたい」と思わなければ意味がありません。

つまらないLINEをいつまでも続けるのはストレスですし、負担になってしまいます。
「続きが気になる」「もっと話していたい」と思わせるLINEとは、どのようなものでしょうか?

彼がつい返信したくなる、LINE文章作りのコツをお教えいたします。

ハッピーな話よりも、スリルのある話の方が気になる

例えば、「この前、すごく嬉しいことがあってね…」で始まる話は、ハッピーエンドで終わることが分かっているので安心して聞くことが出来ます。

逆に、「昨日、怖いことがあって…」で始まる、バッドエンドを予感させる話は、自然と気持ちにプレッシャーがかかり、相手の話を聞くのに集中します。

不安を煽る話や怖い話などは、どのような結末になるのか予想がしにくいので、「それで、どうなるの?」と続きを聞かずにはいられないんです。

相手に真剣に話を聞いて欲しい時や、こちらの言うことに集中して欲しい時は「これから怖い話が始まるよ」と予感させるような工夫をしてみましょう。

いつも気楽に聞ける楽しい話ばかりをするのではなく、たまには、ドキドキ感があって相手がつい引き込まれてしまうような、怖い話を準備して下さいね。

大きな「引き」を作ってから返信をわざと遅らせ、焦らす

雑誌に掲載されている漫画は、次号も買ってもらえるよう、「あと一歩!」と思わせるタイミングと気になる展開で「続きはまた来週!」とわざと話を終わらせるように作られています。

この「引き」が大きければ大きい程ドキドキワクワクは高まり、「続きを早く知りたい」という気分にさせるというわけです。
この手法を真似して、大きな謎を残したままや、話の結末を教えないまま、「もう寝るから、続きはまた今度ね」と強引に話を切ってみましょう。

「明日も彼女にLINEして、話の続きを聞きたい」と思わせるだけではなく、話の続きはどうなるのか「考えさせる」ことで相手により強い印象を残すことも出来ます。

放っておけない!男性が気になるLINEワード

難しいテクニックを使わず、てっとり早くLINE上手になりたい!という方向けに、男性がつい返信したくなるLINEワードをご紹介いたします。
まずは、突然口調を変えてみること。

普段、友達口調でLINEのやり取りをしている場合は、突然「今、大丈夫ですか?」「お時間よろしいですか?」など、かしこまった敬語でメッセージを送ってみて下さい。

逆に、いつも敬語でやりとりをしているなら、「ねえねえ!」「聞いて聞いて!」と砕けた口調を使ってみましょう。
突然文章の雰囲気が変わったことに緊張感を感じ、「何かあったのかな?」と思わせることが出来ます。

LINEでやりとりをしていて、雰囲気がマンネリ化してきたとか、飽きてきたと感じた時は、相手の気を引くための工夫をしましょう。
「そういえばさ」「ところで」「○○さんが言ってたんだけど…」等、前に話していた内容から話題が変わることを示すワードを送ると、「なになに?」と相手に集中力を促すことが出来ます。

特に何も思いつかない時は、スタンプや絵文字を1つだけ送ってみるのもお勧め。
シンプルなだけに意味深で、「どうしたの?」「何かあったの?」と心配してもらうことが出来ます。

「あなたにしか話せなくて…」「○○さんだけが頼りなんです」等の言葉を挟むと、男心をくすぐる効果がありますよ。

終わる「タイミング」が重要!終わり際は思い切って

LINEのやり取りが長く続くと、返信をするのを止めるタイミングが分からなくなってしまいがち。

自分からメッセージを終えるのは気まずい気がして、ついダラダラと返信を続けてしまったりしていませんか?
相手の返信が遅くなってきた、返信が定型文「へ~」「そうなんだ」のみになって来たら、終わりの合図。

「そろそろお風呂行くね!」「寝るね、おやすみ!」など、適当な理由を付けて、やり取りを終わらせてしまいましょう。
やり取りを終えることを「寂しい」と感じるかもしれませんが、相手にも都合があることを理解し、無理に話を伸ばそうとしないこと。

LINEでのやりとりは「物足りない」くらいで終わる方が印象に残るし、また今度話したい気持ちになるものです。
終わるタイミングを感じ取ったら、それ以上メッセージを送るのは止めましょう。

むすび

LINEを長く楽しむコツは、自分と相手のペースを合わせる事です。
独りよがりなメッセージはいくら送り続けても意味が無いですし、受け取った相手も嬉しいとは感じません。

自分が言いたいことだけを伝えようとするのではなく、相手を「楽しませること」を意識したメッセージを送信しましょう。
大好きな恋人と、楽しく上手にラインを利用して下さいね。

※期間限定※
あんゆ読者限定◇無料診断◇

Matsu
あんゆの管理人です。
不倫、浮気、略奪愛…最後までお楽しみ下さい。
a45451

関連記事