不倫は純愛

既婚者に告白する時に気を付けるべき落とし穴4つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「大好き!愛してる」という気持ちだけでお付き合いを始めても、なかなか上手くいかないのが不倫恋愛の難しいところ。

既婚者に愛の告白をする時は、「相手が自分の事をどう思っているか」「良い返事をもらえるかどうか」ばかり考えるのではなく、まずは自分の気持ちをハッキリさせておく必要があります。
不倫恋愛は、付き合い始める前よりも後の方がずっと大変だからです。

月に数度デート出来れば満足なのか、それともいつかは略奪して2人の家庭を持ちたいのか、最終的な「目標」を考えてみて下さい。
また、告白後に2人の関係が気まずくなってしまわないよう、相手の家庭状況が安定していて、相手の仕事が忙しくない、落ち着いたタイミングを選んで気持ちを伝えることが大事。

勿論、「特別な関係になれなくてもいいから、自分の気持ちを知っておいて欲しい」と、告白するのもありです。
自分の気持ちが固まったら、思い切って告白しましょう。

今は脈なしでも、好きと伝えてから始まる恋もあります。
告白する時に気を付けたい、4つの事をご紹介いたします。

大げさな感情表現で、分かりやすく告白する

既婚者は基本的に、恋愛に消極的です。
突然告白されても驚くばかりで、相手の気持ちをすぐに受け入れる事は出来ません。

告白する前からさり気なく好意をアピールして「脈あり」だと思わせておかないと、折角告白をしてもそれ以上の関係にはなかなか進めません。
また、遠回しで分かりにくい告白では伝わりづらく、相手に判断を迷わせてしまいます。

「好きです、付き合って下さい」もしくは「あなたのことが気になっています、今度一緒に食事をして下さい」など、自分の素直な気持ちと望みを分かりやすい言葉で伝えましょう。

本気度を伝える!セフレになっちゃダメ

「愛してます、奥さんと別れて下さい!」なんて真剣過ぎる告白よりも、「1回、私とエッチしてみませんか?」という軽い告白の方が受け入れられやすいことは確かにあります。
男性が自分の性欲に抗うのは難しいことですし、チャンスがあれば妻以外の女性ともエッチしてみたい、という欲求は誰にでもあるものだからです。

しかし、告白の時に「セックス」という言葉を使ってしまうと、その後ずっとセフレとして扱われてしまいます。
「一度でいいからデートして」「思い出をちょうだい」という告白も、エッチ目的だと思われてしまうので注意。

セックスから始まる恋は確かにありますが、「脈なし男性」にアプローチする時の最終手段だと思っておきましょう!
安易にセックスに頼ってはいけません。

「エッチしましょう」なんて誘うよりも、さり気なくスキンシップをして、「焦らす」くらいが、男心をくすぐるのに効果的ですよ。

返事を焦らせない

既婚者へ告白した後は不安でドキドキして、早く返事をもらって自分の気持ちを落ち着けたいもの。
出来ればその場で、お付き合い出来るのかどうか結論を出して欲しいと思わずにはいられません。

しかし告白をしても、ほとんどの既婚者はその場で返事をすることが出来ません。
特に「脈あり」の場合ほど告白を受け入れるかどうか悩み、まずは信用出来る相手かどうかを見極めようとします。

不倫恋愛をする時は「相手のことが好きか嫌いか」と同じくらい、安心安全に不倫が出来る相手かどうか、自分との相性は良いのかどうかが気になって仕方ないからです。
じっくり相手と接しようとしている時に返事を急かされると、判断が出来ないまま「とりあえず、NO」と言ってしまいます。

良い返事が欲しいのであれば、相手の心が決まるまでゆっくり待ってあげて下さいね。

「誰にも言わないでね」という念押しはやっぱり必要

「既婚者の彼に告白をしたいけれど、誰かに言いふらされるのは絶対にイヤ!」ですよね?
交際に繋がらなくても、告白した・されたという噂が広がるのはトラブルの元ですし、本人以外に知られるのは絶対に避けたいものです。

告白したことを秘密しておいてもらう為にも、「恥ずかしいから今日のことは誰にも言わないでね、友達にも絶対に内緒にしてね」と一言お願いしておきましょう。
念押しをするなんて気まずいと感じるかもしれませんが、この一言がないと、ほとんどの人は告白された事実が嬉しくて、つい自慢したくなってしまいます。

むすび

既婚者を好きになった時、告白をせずに諦めるか、それともダメ元でもいいから告白をしてみるかは誰でもが悩む部分です。
しかし、どんなに悩んでも、結局告白はせずにはいられなくなるんです。

不倫だからなんて関係なく、恋心は無理に忘れようとしても忘れられないもの。
告白が上手くいってもいかなくても、自分の正直な気持ちを伝えることで、胸の中を整理することが出来ますよ。

既婚者への告白で気を付けたいのは、望まないセフレ関係になったり、告白したことが広まってトラブルになってしまうこと。
興奮し過ぎず、自分の気持ちと冷静に向き合って、丁寧な言葉で彼に想いを伝えましょう。

※期間限定※
あんゆ読者限定◇無料診断◇

Matsu
あんゆの管理人です。
不倫、浮気、略奪愛…最後までお楽しみ下さい。
a45451

関連記事