男は褒めて伸ばせ!既婚男性が褒められると喜ぶポイント5つ

既婚男性の毎日は、幸せなことばかりではなく、むしろストレスの連続です。

職場では上司尾顔色をたっぷり窺い、仕事を終えて家に帰っても妻の機嫌を無視することは出来ないし、休日も好きな事ばかりはしていられず、家族サービスに努めなければいけません。
せめて、「恋愛をしている時くらいは自尊心を満たしたい!」と思うのは当たり前。

既婚男性を癒し、もっと喜ばせる為に「男性が褒められたいツボ」を理解して的確に褒めましょう。
男性の心を癒すテクニックを身につければ、あなたと恋人の距離はもっともっと近づくはずです。

やっぱり鉄板!いくつになっても言われたい「カッコイイですね」

女性がいつまでも若々しく、美しくありたいのと同じように、男性も結婚して子供が出来ても「カッコイイ男」で居たいと思っています。

イクメンだねと褒められるよりも、今日も素敵だね、イケメンだね!と言われたいのが本音。
男性のカッコよさを褒める時は、「背が高くて素敵」「細マッチョなスタイルがカッコイイ」等、具体的に褒めると喜ばれます。

スーツやネクタイ、時計など、身に着けているものにも注目してみて下さい。
彼の様子を毎日細かく観察し、カッコイイと思うことを見つけてどんどん褒めて上げましょう。

相手が大切にしているものや、趣味を褒める

男性自身を褒めるのが難しい時や褒めながら相手と親しくなりたい時、2人で出掛ける機会を作りたい時は、相手の趣味や好きな物を褒めると上手くいきます。

車好きな男性には、
「お洒落で素敵な車ですね」「私もいつか乗ってみたいです」
と言い、

スポーツ観戦が好きな男性には
「いつも凄く楽しそうですね」「私も野球を見に行ってみたいな、ワクワクします」

音楽に詳しい男性には
「カッコよくてお洒落な音楽ですね」「オススメのCDを教えて下さい」
と話しかけると会話が盛り上がります。

彼の趣味を良く理解出来なくても大丈夫!
「教えて下さい」とお願いすれば、それが彼と仲良くなるきっかけになります。

男性は女性以上に、自分の好きなものを褒められると誇らしく感じるもの。
特に、家族に趣味を理解されていない男性に効果的です。

まずは「趣味友」として親しくなり、それから恋人へと関係を進めましょう。

男らしくて、頼りになると言われたい

女性が「可愛くなりたい」「綺麗になりたい」と思っているように、男性は「男らしくありたい」「頼られる存在になりたい」と思っています。
子供の頃憧れたような、男らしいヒーローになりたい!と願うのは男性の永遠のテーマです。

特に、女性(ヒロイン)から「男らしくて素敵」と言われると嬉しくて胸がときめきます。
男性から助けてもらった時は、「ありがとう、男らしいんですね」という一言を付け加えて上げましょう。

ヒロインであるあなたの為に、もっと頑張ろう、男らしくなろう!と思うはずですよ。

恋人としての素晴らしさを褒める

不倫をしている既婚男性は、恋人の女性に対して一途になれない申し訳なさをいつも感じています。

「自分は、恋人として上手くやれているか?」「彼女の事を満足させてあげられているか?」と不安に思わずにいられないんです。
そこで、「恋人として素晴らしい存在」であることを褒めてあげると、男性は安心し、自分に自信を持つことが出来ます。

「あなたとお付き合いが出来て、本当に幸せ」「一緒に居ると心が落ち着くの」と優しく声をかけて日頃の感謝を伝えましょう。
恋人として彼女にもっと尽そう、次はもっと楽しいデートをしよう、と思ってくれますよ。

「特別感」を出して褒める

他の人とは違う特別な自分になりたい、という欲求は誰にでもあります。
だから、「あなたにしか出来ない」「あなただから、素敵」など、他の人とは違うことを強調されると、男性のプライドは満たされます。

「あなたと一緒に食事をすると、いつもより美味しく感じる」「あなたにしてもらうのが、一番嬉しい」と、彼に対する特別な気持ちをアピールしましょう。
彼を特別扱いすることで、彼も同じようにあなたを特別扱いしてくれるようになります。

親しくなりたい相手に、是非使ってみて下さいね。

むすび

女性は、女性同士で「それ可愛いね」「新しいネイル、可愛い!」と褒め合うことが良くありますが、男性同士にはその習慣はありません。
褒められ慣れていないので、女性から褒められると特別に嬉しく感じるんです。

女性はわざとらしい褒め言葉を嫌いますが、男性はあからさまな褒め言葉でも喜ばずにはいられません。
男性を褒める時のコツは、「下から褒める」こと。

気が強い女性や恥ずかしがり屋の女性は、つい照れ隠しに「意外に上手なんだね」「思ったより出来るんですね」等、上から目線で男性の事を褒めてしまいますが、そのような態度は男性をイラッとさせます。

「あなたって、本当に凄い!」「カッコイイですね、素敵です」など、ありったけの言葉を使ってどんどん褒めて、彼との距離を縮めましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

Matsu

あんゆの管理人です。
不倫、浮気、略奪愛…最後までお楽しみ下さい。