不倫LINEを楽しみたい!モテ女子から学ぶLINEを長続きさせるコツ

恋愛を楽しむのに必須のツールといえば、LINE!
会話がスピーディに楽しめて、画像や動画のやり取りも簡単。
更には無料通話も出来てしまうという、メリットの多いツールです。

LINEを制する者は恋愛を制す!
モテる女性ほどLINEの使い方が上手です。
思わず返信したくなるLINEや、連絡したくなるやりとりをすることで、狙った相手とどんどん親しくなり、恋愛関係に持ち込みます。

恋愛力を磨きたい人、必見!
異性を惹きつけるモテ女子が必ずやっているLINEテクをご紹介致します。
くれぐれも不倫バレにだけは注意して、LINEをもっと楽しみましょう。

気になる既婚者とLINEで繋がる裏ワザ!

既婚男性と個人的に連絡を取り合いたいと思っても、「住所は?電話番号は?メールアドレスは?」なんて個人情報を聞き出すのは難しいですよね。
その点LINEであれば、IDだけでやりとりが出来るので、連絡先を気軽に交換することが出来ます。

既婚者との関係を発展させるためには、LINEは必須!
まずは既婚者のLINEIDを手に入れましょう。

「○○の件について教えて欲しいから、LINEで繋がっていいですか?」と理由を付けて聞くとスムーズです。
○○、の部分は仕事の内容でも、相手の趣味に関することでも、飲み会の打ち合わせでも何でもOK!

また、直接LINEIDを聞くのが難しいのであれば、まずは親しい人を集めてグループLINEを作りましょう。

「皆にまとめて連絡を送りたいので」と持ち掛けてグループLINEを作った後友達に追加すれば、個別に連絡が取れるようになります。
LINEで繋がるくらい、今時普通!変に緊張せずに、サラッと聞いてしまいましょう。

相手が返信出来るタイミングでLINEを送る

折角恋愛相手とLINEのやり取りをするなら、少しでも長く続けたいですよね。
当たり前ですが、家族と一緒に居る時間にLINEを送っても返事はもらえません。

ちょっと油断した隙に家族にスマホ画面を覗かれてしまったら、一発で不倫バレしてしまいます。
既婚者がLINEをしやすいのは、出勤時や帰宅途中など電車やバスで移動している時間です。

退屈な通勤時間を、楽しいお喋りで癒してあげましょう。
彼が帰宅した後に連絡を取りたいのなら、妻の入浴中や就寝後など、家族と離れている時間を狙いましょう。

食事、お風呂、寝る時間など、家庭でのタイムスケジュールはだいたい決まっているはずなので、「何時ごろなら連絡してもいいか」をあらかじめ彼に聞いておくと良いですね。
相手が返事を返しやすい時間にLINEを送ることが、お互いに気持ちよくやり取りをする為のコツです。

ダラダラLINEは次に繋がらない!メリハリのあるやり取りをしよう

恋人からメッセージが届くだけで嬉しくて、出来る事ならいつまでも終わらせずに続けていたいと思うかもしれません。
でも、LINEのやり取りが長く続いたとしても、何の感想も持てないような、薄い内容では意味が無いんです。

お互いが「楽しい」と思えるやり取りでなければ、次にメッセージを送った時に「どうせまたつまらない内容だろう」と思われて返信が貰えなくなってしまいます。
ダラダラと続くメッセージは男性を飽きさせますし、不倫バレの危険も高まります。

メッセージにメリハリをつける為には、文章だけではなく適度にスタンプや絵文字を使うこと。
改行を上手く使い、長文を送らないこと。

そして、相手が興味を持っている事や趣味、今やっているテレビの内容など、返信しやすい文章を送ることです。
会話のテンポとテンションを意識し、飽きさせない会話を心がけましょう。

LINEモテ技3つ

LINEモテ女性が必ず使っている、相手と会話を続ける為の細かいテクニックをご紹介します。
相手に送る文章を悩んだ時は、とにかく褒めること。

見た目でも仕事ぶりでも言動でも、「あの時のあなたにトキめきました」「カッコよかったです!」と褒めましょう。
褒められて嬉しくない男性は居ませんし、どんな人間でも自分にとってポジティブな内容は受け入れやすいんです。

メッセージの送信ボタンを押す前に文面を読み返し、受け取った相手が笑顔になるような文章かどうか、明るくて楽しいスタンプを選んでいるかどうかを確認しましょう。
自分が送りたいスタンプよりも、相手が「クスッ」と笑ってしまうようなユーモアのあるスタンプを送って下さいね。

会話がマンネリ化しそう、盛り下がっていると感じたら、その場で自撮りをして写メを送るなどアクセントを付けましょう。
勿論、「今、写真を送っても大丈夫?」という気遣いをして下さいね。

むすび

LINEでのやり取りが楽しいからといって、メッセージの送り過ぎには注意!
相手の迷惑になっていないか、こまめに確認しましょう。

「昨日は遅くまでメッセージを送って、ゴメンね?迷惑じゃなかったかな?」という一言があるかどうかで、相手の気持ちは変わってくるものです。
また、彼からのメッセージに即レスをするのもほどほどにしましょう。

「いつでもLINE出来る、都合の良い女」と思われないよう、たまにはタイミングを焦らす事をお勧めします。
LINEを上手に使って、大好きな人ともっともっと仲良くなりましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

Matsu

あんゆの管理人です。
不倫、浮気、略奪愛…最後までお楽しみ下さい。