割り切っていたはずなのに…不倫相手を好きになり過ぎた気持ち、どうすればいい?

不倫を始める時に、不倫相手のことが大好きで自分でもどうにもならないほどの情熱と愛情を抱え、「絶対に奥さんから略奪する!」と思っている人はほとんどいません。

多くの人は心のどこかで「不倫恋愛は結局上手くいかない」と思っており、期間限定でもいいから、好きな人と一緒に居たい。
奥さんから奪うつもりはないけど、許される限り彼と愛し合いたい、と思っています。

「既婚者のことを本気で好きになっても、どうせ恋は叶わないから」と、自分が傷つかない為にも気持ちを割り切るのが一番良いと信じているんです。

しかし恋愛とは不思議なもので、好きになってはいけないと思うほど恋しくなるし、会えないと思うほど相手の顔を見ずにはいられない気持ちになってしまいます。

割り切っていたつもりなのに、気付けば「恋人なしでは生きていけない」と思うほど依存してしまっていることも。
高ぶりすぎた気持ちを落ち着け、再び冷静な気持ちで不倫をする為にはどうすれば良いのでしょうか。

不倫恋愛にとって独占欲は「毒」

「好きな人をもっと好きになって、何がいけないの?」「純愛不倫なんだから、相手を愛するのは良いことでしょう?」と思う人がいるかもしれません。

なぜ不倫相手を好きになり過ぎてはいけないのかと言うと、不倫恋愛にとって、「相手を自分のものにしたい」という独占欲は、2人を蝕む「毒」になるからです。

独身同士の恋であるなら、「ずっと一緒に居たい」「相手を自分だけのものにしたい」という願いを叶える手段はありますが、不倫恋愛ではそうはいきません。

どんなに愛し合って居ても、家族が居る限り家族が最優先。
離婚が成立するまでは、家族以上の存在にはなれないんです。

「好き」「会いたい」とどれほど強く願っても叶えられず、気持ちは辛くなるばかり。
不倫相手に依存しても、その気持ちが報われることはありません。

「独占欲」という毒が全身に回ると、恋人を手に入れる為に誰かを脅したり、傷つけたり、暴走を始めてしまうかもしれません。

不倫相手に依存しやすいのはこんな人!

自分の気持ちを抑えきれず、不倫恋愛にハマりやすい人に必ず共通する特徴があります。

恋人に依存してしまう人は、自分が相手を愛している気持ちよりも、より大きな気持ちで相手の方から愛されたいと思っています。

「私がこれだけ愛しているんだから、相手にも同じように愛して欲しい」「もっともっと大切にして欲しい」と望む気持ちが、執着に繋がります。
また、愛されたい、相手の気持ちを手に入れたいと思う一方、恋人の言いなりになることに心地よさを感じ、安心します。

自分から恋人に「電話して欲しい」「デートしたい」とオネダリをするよりも、相手の方から「○時に電話するね」「○日にデートしよう」と言われる方が「愛されている!」という実感を得ることが出来て嬉しいと感じます。

また様々なことに刺激を求めがちで、趣味や恋愛において、わざとスリルがあることや危険なことに挑戦してみたいと思っています。

盛り上がり過ぎた気持ちを冷静に戻す方法

不倫相手を好きになりすぎた気持ちを冷静に戻すためには、いくつかの方法があります。

是非、これからご紹介する内容を試してみて下さいね。
まずは彼に連絡するのを控えること。

恋人から離れ、一人きりで行動する時間を増やしましょう。
家の中に居てもスマホを気にしたり、つい恋人の事を考えてしまうので、外出して五感に様々な刺激を与えて気分転換をして下さい。

一人でいると頭の中にすぐ恋人の顔が浮かんでしまう…というタイプの人は、同性の友人と会話をすることで気分が紛れます。
恋の話をすると彼のことを思い出してしまうので、その他の話題を選んで下さいね。

そして最後に、恋人ではなく自分自身に興味を持つこと。
自分にはどんな服が似合うかな?新しい習い事はどんなことが向いているかな?仕事を上手くやる為にはどんな努力が必要かな?など、自分を高める為の方法を考えてみて下さい。

愛情を、恋人ではなく自分自身に与えることが重要です。

好き過ぎる!と相手に伝えてみる

膨らみ過ぎた愛情をどうしても隠しておけないのであれば、いっそのこと思い切って恋人に気持ちを伝えてしまいましょう。
大きな愛情を小さな胸の中に押し込めようとするから、気持ちがはちきれそうで辛いのです。

自分の素直な感情を相手に分かってもらうことで、「伝えることが出来た」という安心感と達成感を得ることが出来るに違いありません。
愛情を声に出し、表現することで気持ちはスッキリします。

どんな風に愛しているのか、これから先どんな恋人同士になっていきたいのか、さらには将来の目標など、考えていることを全て恋人に伝えてみて下さい。

あなたの深い愛情を感じ、恋人もきっと喜んでくれるはずですよ。

むすび

好きになりすぎた気持ちを無理やり抑えようとしても、なかなか上手くいきません。

それよりも、自分の心が冷静でいられるように気持ちを整理し、泥沼不倫にならないように自分自身をコントロールするようにしましょう。
不倫相手への愛情があるのはもちろん素晴らしいこと。

愛情と上手に付き合いながら、不倫恋愛を成功させて下さいね。

ABOUTこの記事をかいた人

Matsu

あんゆの管理人です。
不倫、浮気、略奪愛…最後までお楽しみ下さい。