バレないための注意!不倫デートの後、絶対にやるべき証拠隠滅4つ

不倫をしていて一番怖いのは、やっぱり不倫バレの瞬間ですよね。

不倫がバレる一番の原因は、スマホの中身を見られてしまうこと。
そして次に、デートの証拠を握られてしまうことです。

不倫を始めたばかりの頃は慎重にスマホの中身を整理したり、デート後の証拠隠滅をしているものですが、お付き合い期間が長くなると「もっと色んな場所にデートに行きたい」と思うようになり、証拠隠滅に対する意識が薄れてしまいます。

不倫バレのきっかけは、気の緩み。
妻は、一度夫の不倫を疑い始めると、不倫の証拠を掴むまでは調査を止めません。

特にデート後の夫の振る舞いは細かくチェックされています。
ラブラブ不倫をこれからも続けて行くために、もう一度気を引き締めて、デートの後は徹底的に証拠隠滅をしましょう。

基本!レシートやポイントカードはもらわない

当たり前ですが、財布の中に不倫相手とデートで行ったレストランのレシートや、ラブホテルのポイントカードを入れっぱなしにしてはいけません。

不倫カップルはいつも同じラブホテルを利用することが多いので、ついポイントカードを集めたくなってしまいますが、ラブホテルのポイントカードなんて既婚者が持っているだけでアウトです。

財布だけでなく、仕事カバンやスーツのポケットなども全て妻にチェックされています。
レシートやポイントカードは、受け取るとどこかしらに仕舞ってしまうので、初めから受け取らない、もしくはその場で捨てる癖を付けましょう。

「後で捨てればいいや」「帰りにコンビニに寄って、そこで捨てよう」なんて後回しにすると、つい捨て忘れてしまいます。
そのまま持ち帰ってしまい、家の中のゴミ箱に捨てて妻に見つかった…なんてことにならないように、注意して下さいね。

車内の清掃は徹底的に

不倫相手とのデートに、家族が乗る車を使うのは基本的にはNGです。

不倫相手がピアスや化粧品を忘れて行ったとか、助手席のシートの位置がズレているとか、ちょっとした「違和感」が不倫の証拠になってしまいます。
自家用車を不倫デートに使った後は、面倒くさがらずに車内を徹底的に清掃すること。

不倫相手の忘れ物は勿論、ゴミや残り香もチェックして下さい。
また、つい忘れがちなのがカーナビの履歴。

デート場所までのルート検索をしたままにしておくと、次に乗った妻に不倫デートの場所がバレてしまいます。
カーナビの履歴やルート設定なども忘れずにデート前の状態まで戻しておきましょう。

これらの清掃作業を自宅の駐車場で行っていると家族や近所の人に見られてしまう危険があるので、家に帰るまでに一度コンビニなどに寄り、駐車場で落ち着いてゆっくり掃除をするのがお勧め。

髪の毛一本残さないつもりで、しっかり掃除をして下さいね。

スマホの中身もしっかり整理

不倫相手と連絡を取るのに、当然スマホを利用していることと思います。

デート前は特に2人の気分が盛り上がり、「明日、楽しみだね!」「デートを楽しもうね」とラブラブなやり取りを沢山しているはず。
ロックをかけていれば妻に見られることはないと思っているかもしれませんが、画面ロックは絶対ではありません。

夫のスマホのロックを突破するくらい、一緒に暮らしている妻には簡単なことです。
デートの待ち合わせをする内容のメールや、デートの感想を伝えあうメッセージは、読み終わった後はすぐに削除するようにして下さいね。

また、メールやLINEだけではなく、デート中に不倫相手と撮った写真や、デート場所を検索した履歴なども残さないように注意。

「そこまで見られてるの?」と思うかもしれませんが、不倫を疑い始めた妻は夫のスマホを隅から隅までチェックするものです。

「家に帰りついてから削除しよう」と考えているとつい忘れてしまったり、トイレやお風呂に入った隙に妻にスマホを覗き見られてしまうかもしれないので危険です。

必ず、玄関を上がる前にスマホを整理しておきましょう。

「お金を使った理由」を用意する

不倫デートの代金は全て自分が負担している、という既婚男性も少なくないでしょう。
恋人と食事をしたり、ラブホテルで過ごす等すると、1回のデート代はおおよそ1万円ほど。

毎月3~4万円以上の出費になることも少なくないはず。
それだけのお金が財布から消えた理由を、きちんと妻に説明出来ますか?

「毎月のお金を何に使っているの?」と聞かれて口ごもってしまっては、妻に後ろめたいことがあるとバレてしまいます。
仕事の打ち上げで部下に奢った、結婚した友人へのカンパを送った、または趣味に使う新しい道具が欲しくて貯金をしている等、それらしい理由を用意しておきましょう。

恋人と過ごす時間は楽しいものですから、デート代は気を抜くとどんどん膨らんでしまいます。
妻に怪しまれない言い訳が出来る程度の支出に抑えるように心掛けましょう。

むすび

男女ともについ持って帰ってしまう不倫の証拠が、避妊具です。

使わなかった避妊具をなんとなく勿体ない気がして「また使うかもしれないし、もしもの時の為に」と財布や仕事カバンに忍ばせてしまいがち。
独身ならともかく、既婚者が避妊具を持ち歩くのはあまりにも不自然な行為ですから、絶対にやめましょう。

また、不倫デートに出掛けるアリバイを作る為に友人に口裏を合わせてもらうことがあるかもしれませんが、友人を頼るのは意外に危険です。
友人と細かい打ち合わせが出来ていないと、嘘がバレてしまうかもしれません。

ちょっとした油断は即不倫バレに繋がると心掛けて下さい。
常に妻に不倫を疑われているつもりで、徹底的に証拠隠滅をして下さいね。

ABOUTこの記事をかいた人

Matsu

あんゆの管理人です。
不倫、浮気、略奪愛…最後までお楽しみ下さい。