男性必見!不倫デート中、彼にガッカリ、幻滅してしまう瞬間

独身カップルとは違い、不倫カップル達はいつでも好きな時にデートが出来るというわけではありません。

家を出る為に家族への言い訳を用意し、周囲に不倫バレしないようなデートルートを考え、デートが終わった後はデートの証拠になるものを徹底的に隠滅してから家に入るなど、1度のデートをする為に沢山の準備をしています。

だからこそ1回1回のデートを楽しい気分で過ごしたいし、恋人との愛情を深める機会にしたいですよね。
デート中は気を抜かず、恋人を楽しませる為のおもてなしを心がけましょう。

遅刻、ドタキャンなんてもってのほかです!

デート中の男性がついやってしまいがちな、恋人をガッカリさせてしまう行為をご紹介致します。
自分の行動に当てはまることがないか、考えながら読み進めて下さいね。

デートプランを全く考えていない

既婚男性にありがちなのは、「家族を誤魔化して家を抜け出すことで頭がいっぱいで、デートプランまで考えていなかった」という失敗。

「女性が行きたいところに連れて行けばいい」「いつも通りのデートコースでいい」と考えるのは怠慢です!

デートとは、恋人同士がお互いの理解を深め、愛情を伝えあう為にするもの。

彼女を喜ばせたい、楽しい時間を過ごして欲しい、という気持ちがあれば、恋人をおもてなしする為のデートコースが思いつくはずです。
デートの為に集合したけれど、彼氏に「どこでもいいよ」「いつものラブホでいいでしょ?」なんて言われたら女性はガッカリしてしまいます。

自分の恋人を楽しませる為のデートプランを考えてみて下さいね。

常にスマホをチェックしている

デート中、つい家族や職場からの連絡が気になって、しょっちゅうスマホをチェックしてしまうなんてことはありませんか?

目の前に恋人がいるのにスマホばかり気にするというのはあまりにも失礼です。

時間を見ているだけとか気になるニュースをチェックしているだけだとしても、女性からしてみれば不愉快ですし「家族と連絡を取っているのかな?」と気になって仕方がありません。

デート中、そんなに長い時間ではないのですから、出来る限りスマホを見ないように心掛けましょう。
愛しい恋人と2人きりなのですから、彼女の顔をよく見て「今日も綺麗だね」と褒めてあげてはいかがでしょうか?

仕事と家族の話ばかりする

恋人との関係が親しくなればなるほど、つい愚痴や弱音を漏らしてしまうもの。

彼女のことを本当に信頼しているからこそ、他の人には話せないような仕事の愚痴や、家族とのプライベートな話が出来てしまうのかもしれません。
でも、男性がお喋りでストレスを解消している一方で、女性はイライラを溜め込んでいます。

恋人とデート中なのですから、他のことについてよりも、2人の愛について語り合いたいもの。
仕事や家族の話はほどほどにしておきましょう。

女性の話を途中で遮る

愛とは、相手を理解するだけではなく、自分を受け入れてもらうことでもあります。

自分のことを知って欲しい、もっと気持ちを伝えたい、と焦り過ぎて、自分の話をすることにばかり夢中になっていませんか?

女性は男性以上にお喋りが大好きで、男性以上に「自分の話を聞いてもらいたい」という気持ちを強く持っています。

2人がそれぞれバランス良く話が出来ているのであれば良いのですが、ずっと男性が喋ってばかりという状況にならないように注意して下さい。

特に最悪なのは、女性の話を途中で遮ること。
最後まで話を聞こうとしない態度は、「私に興味がないみたい」と女性をガッカリさせてしまいます。

「バイバイ」の後、一切振り返らない

無事にデートが終わって恋人と別れる帰り際、最後まで余韻を楽しんでいますか?
もし出来ることなら、姿が見えなくなるまで彼女のことを見送ってあげて下さい。

デートの後、「不倫を楽しむ恋人モード」から、「家族を大切にする夫モード」へ気持ちを切り替えるかと思いますが、それは彼女の姿が完全に見えなくなってからにして下さい。

目の前でスイッチを切り替えて「それじゃあ、バイバイ!」と手を振ってそそくさと帰る態度を見せられてしまうと、女性は寂しい気持ちになります。
「終わりよければ総て良し」という言葉があるように、デートも別れ際が肝心です。

次のデートまで2人がラブラブで居られるよう、ありったけの愛を伝え、彼女とのしばしの別れを惜しむ態度を見せて下さいね。

むすび

女性は、自分が好きな相手のことを良く観察しています。

でも、「そんなに見られているなんて、怖い!」「見張られているようで緊張する」なんで思う必要はありません。

彼女のことを大切に思い、「もっとデートを楽しみたい」「一緒に居られる時間を幸せに過ごしたい」という気持ちがあれば、彼女をガッカリさせることなく、素敵なデートが出来るはずです。

あなたらしい方法で、恋人をエスコートしてあげて下さいね。

証拠も写真も残らないかもしれませんが、素敵なデートの思い出はいつまでも2人の心を温め、ラブラブでいさせてくれますよ。

ABOUTこの記事をかいた人

Matsu

あんゆの管理人です。
不倫、浮気、略奪愛…最後までお楽しみ下さい。