安い女になるな!不倫の手切れ金の相場は?

不倫相手と別れることになったけど、手切れ金を請求したい、または、逆に相手から請求された場合。

手切れ金とは、そもそもどういうお金なのでしょうか?
相場は?

皆どんなふうにお金を貰っているのでしょうか?

手切れ金とは?

お互い好きになってお付き合いを始めたけど、どちらかの気持ちが薄れてしまった…または、なんらかの事情があってこれ以上一緒に居られない、となった時に別れが訪れます。

双方にもう気持ちが無くなっていて、自然消滅のように別れられれば一番いいのですが、多くの場合はそうではありませんよね…必ずどちらかが少なからず精神的苦痛を味わうことになります。

それでもその悲しみや苦しみを受け入れて、前向きにお別れすることが出来れば良いですが、それが難しい場合に「お金で」気持ちに決着を付けようとすることがあります。

相手に対する気持ちが大きくなりすぎて、とても別れを受け入れられない…そんな苦しみをお金で埋め合わせする解決法が「手切れ金」です。

「別れることで味わう苦痛に対してのお金なら、慰謝料じゃないの?」と思うかもしれませんが、「慰謝料」が法律的に成立するのは、婚約、婚約、または内縁関係にある場合のみです。

付き合っている男女が別れることは社会的に良くあることで、それらすべてに慰謝料を認めることは現実的ではないからです。

不倫の手切れ金、アリ?ナシ?

不倫で支払われる手切れ金と言えば、多くの場合が「離婚して自分と結婚してくれると言ってくれていたから、信じて何年も待っていたのに、結局別れることになった。結婚できるはずだった大切な20代、30代を無駄にした!」という独身女性の訴えによるものです。

二度と取り戻せない時間と若さを、既婚男性の嘘と裏切りによって無為に失ったのですから、それは手切れ金の1つでも貰わないと納得がいかないでしょう!

また、不倫相手の子供を妊娠したけれど、「今は無理だ、いつか妻と離婚して君と結婚するから、その時また自分の子供を産んでくれ」と言われて、泣く泣く中絶した…にも関わらず、結局別れることになった!なんて場合も手切れ金を請求したいですよね。

当然、女性側からの請求は「アリ」です。

不倫

不倫の手切れ金の相場が知りたい!

それでは、手切れ金はいったいいくらが妥当なのかを知りたいところですが、「手切れ金」が法的な力を持たない以上、「相場」を探るのはとても難しいもの。

お金はあって困るものではないし、もらえるものなら出来るだけ沢山もらいたいですよね!
でも、法的に請求できるものではない以上、相手に納得してもらえる金額でなければいけません。

おおよそ50万円から100万円の間が相場だと思っておいて下さい。
10万円や20万円で納得してはいけませんよ!少なすぎます!

自分がそれだけ傷ついたんだ、最低限これだけは欲しい、という金額を考えておきましょう。

前の項目で上げたような理由で手切れ金を請求する場合は、私なら少なくても100万円は絶対にもらいます!

付き合っていた時間が短い、妊娠や中絶はしてない、相手がお金以外にも誠意を見せてくれている場合であれば、50万円で手を打つかもしれません。

手切れ金をもらうには

手切れ金を貰うということは、相手から別れを切り出されたはず。
手切れ金の請求は、「分かった、別れる」と返事をする前に言いだします。

話をする時に、感情的になってはいけません。
あなたの事が許せないから、なんとかお金をふんだくってやりたい!という気持ちを見せないことがコツ。

「あなたと付き合っている中で、私は沢山傷付いてきた。それでもあなたの事を信じていたのに…こんな結果になるなんて悲しい。別れたいって言うなら、手切れ金が欲しい。そのお金を貰ったら、欲しいものを買って、旅行に行って、あなたの事を忘れてしまうから。連絡先も消すし、もう二度と関わらないって約束する」

と言ってみてはどうでしょうか?

こういえばほとんどの場合は手切れ金の支払いを了承してくれるはずです。
それでも渋るようであれば、「じゃあ、別れたくない!どうしても別れるって言うなら、あなたの奥さんに不倫していたことをバラすから!」と言いましょう。

奥の手ではありますが、効果は絶大です!

手切れ金の金額を言う時は、本当に欲しい金額に50万円ほど上乗せしましょう。
「そんなに沢山払えないよ!」と言われたら、徐々に金額を下げます。
丁度希望額くらいで、相手が納得してくれますよ。

むすび

手切れ金をもらったら、二度と不倫相手に近づかないのがルール。
貰ったお金を使って気晴らしをし、相手の事を忘れてしまいましょう。

その為にも、自分の気持ちに決着をつけられるだけの金額を相手からもらわなければいけません。

少なすぎる金額で手を打ってはダメ!損です。
自分が納得できる金額を、キッチリもらいましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

Matsu

あんゆの管理人です。
不倫、浮気、略奪愛…最後までお楽しみ下さい。