年上既婚男性の心を掴む!奥さんに負けない、「脱コドモ」のアプローチ方法

「男は皆ロリコン!」「年下の可愛さで攻めれば、年上男性なんてイチコロ!」だと思っていませんか?

男性にとって、確かに年下の女性のピュアさや子供っぽさは魅力です。
仕事や家庭に疲れた時に、年下女性の純粋な意見や素直な反応に癒されることは沢山あります。

「癒される」という気持ちが「一緒に居たい」という愛情に発展するのは良くあることです。

でも、本気で彼に愛されたい、妻よりも大切な存在になりたいと思うのなら、「子供」のままではダメ。
彼が本気で愛したくなるような大人の女性になる為に、「脱コドモ」を目指しましょう。

奇抜な格好、地味過ぎるファッションを卒業する

自分のやりたいお洒落を追求するのは女性の楽しみですし、自己表現の方法の1つではありますが、自分の個性を「見た目」だけで表現しようとするのは子供っぽいと思われてしまいます。

服装の好みは、女性の精神そのものと言えます。
見た目が子供っぽい女性は、中身も幼いことが多いもの。

また、あまりにも個性的過ぎる奇抜な服は自己主張が激しすぎて、「我儘」「浮いている」と思われてしまいます。
逆に、流行を全く意識出来ておらず、白紺グレーを基調にした地味過ぎる服を着ている女性は自信が無く、覇気がない性格であるように見えます。

子供っぽい服装や「楽」だという理由だけで選んだ服を着るのではなく、男性を引きつけることを意識した、大人っぽい服に挑戦してみましょう。

彼の言葉の裏側を読む

子供と大人の大きな違いは、「相手の気持ち」を考えられるかどうかです。
不倫恋愛を楽しむ大人のカップルはお互いに、「言葉」を使って相手にサービスをしたり、お付き合いが円滑に進むように工夫をしたりします。
そんな風に使われる言葉は、嘘やお世辞だったりすることも多いでしょう。

でもそれを分かったうえでお付き合いを楽しむのが大人というもの。
言われたことを全て真に受けるのは子供のすることです。
ピュアな女性は可愛いものですが、純粋過ぎると不倫恋愛のプレッシャーには耐えられません。

また、言葉の裏側を読めない女性は、その場の空気を読むのも下手です。
男性の本音を上手く理解出来ず、「愛してる」という言葉が重たくなり過ぎることがあります。
本音を遠回しに伝えたり、冗談を言ったり、恋の駆け引きを楽しむ力と余裕を身に着けましょう。

不倫

オーバーリアクションを止める

センチメンタルな映画を見てポロポロ涙を流したり、彼の冗談に大声で手を叩きながら笑うなど、
子供っぽい無邪気なオーバーリアクションは確かに可愛いし、話しているとテンションが上がります。

全く興味が無い様子で話を聞かれるよりもずっと楽しいでしょう。
リアクションが派手な女性は付き合うだけなら楽しいけれど、実は将来を考えられる相手ではありません。

「一緒に居て楽しい相手」「一生一緒に居たい相手」は違います。
ノリと勢いだけで話を聞くような子供っぽい女性のままでは、一生のパートナーには選んでもらえません。

不倫相手の彼に真剣に結婚を考えて欲しいのなら、いつでも冷静に、しっかりと考えて返事をする大人の態度を心掛けましょう。

恋人に依存せず、しっかり自立する

恋愛経験が浅く、ロマンティックな恋愛に憧れている女性ほど一途な恋をします。
相手との関係が不倫であっても、自分と恋人は確かな運命で結ばれていると心から信じ、一途に彼を愛することが出来るでしょう。

既婚の彼を家族から奪いたいのであれば、「一途さ」は絶対に必要です。
出も注意しなければいけないのは、一途と依存は違うということ。

子供っぽい女性はつい年上の恋人に依存してしまいます。
不倫をしてまで大好きな人と一緒に居るのに不安なことばかり考えてしまったり、自分の愛情を押し付ける事に必死で、相手の気持ちを考えることが出来ません。

「どうして会ってくれないの?」「奥さんと私どっちが大切なの?」「好きって言って!」などは依存癖がある女性がつい言ってしまいがちなセリフです。
ちょっとくらいの我儘なら可愛いのですが、「依存」は相手を困らせるだけ。

不倫恋愛に夢中になり過ぎることなく、まずは仕事やプライベートを充実させ、自立した女性になることを目標にしましょう。

むすび

永遠の愛や不倫成就を求めず、年上の彼に少しの間可愛がって欲しいだけなら、子供っぽい態度を取るのは非常に効果的だし、期間限定のラブラブな不倫を楽しめるでしょう。

でもそうではなく、将来ずっと先まで彼と一緒に居たい、ずっと愛されていたいと思うのなら、彼が結婚を考えられるくらい、大人の女性としての魅力を身につけなければいけません。

彼が今の妻と結婚を決めたのは、「好きだから」という理由だけではなく、生涯を共にするパートナーとしてやっていけると感じたからです。

あなたも、可愛ばかりではなく「家庭を守ることが出来る頼もしい女性」としての姿を彼にアピールしましょう。
本当の意味で愛される女性になる為に、頑張って下さいね。

ABOUTこの記事をかいた人

Matsu

あんゆの管理人です。
不倫、浮気、略奪愛…最後までお楽しみ下さい。