燃えるような不倫がしたい!女性を夢中にさせるキスの仕方4つ

「不倫は純愛、愛さえあれば全て乗り越えられる」なんて理想的ではありますが、実際のところ現実的ではありません。
大好きだから会いたいし、愛しているから抱きしめたい、純愛だからこそ相手に触れたい気持ちを抑えられないものです。

「想っているだけでいい」なんてプラトニックな恋愛は長続きしません。
将来の約束をするのが難しい不倫恋愛は、恋人との接触が大事。

恋人と抱き合う時に、自分の素直な愛情をしっかり伝えられていますか?
目は口程に物を言いますが、キスは言葉以上に愛情を伝えてくれます。
女性を夢中にさせるキスが出来るほど、お互いの愛情は燃え上がり、不倫恋愛をより楽しむことが出来ます。

「気持ちイイ」と感じるキスは、「愛し愛されている」という自信にも繋がります。

しかし気を付けなければいけないのは、男性と女性とでは、興奮するキスの仕方が違うということ。
女性を夢中にさせるためのキステクニックを学びましょう。

「キスしたい」気分にさせる魔法のテクニック

男性はキスをしているうちに気持ちが盛り上がり、エッチな気分になるものですが、同じような効果を期待して女性に突然のキスをするのは逆効果です。
女性は、気分がノッていない時にキスをされると、気持ちを押し付けられたように思い、「何故今、このタイミングで?」と不快に感じてしまうからです。

ベタではありますが、雰囲気作りは必須!

緊張していたり、イライラしている空気から女性を解放し、まずはリラックスさせましょう。
お姫様気分を味わえるような、ロマンティックな雰囲気が作れると良いですね。

彼女の肩を抱き寄せて「甘えて欲しい」と促したり、ロマンティックなドラマやエッチなビデオを見るのが手っ取り早くてオススメ。
女性を性的に興奮させる工夫をしましょう。

肩や腰に腕を回してスキンシップしながらのキス

身体を触れ合わせるのには、気持ちを安心させる効果があります。
また、大好きな不倫相手に抱きしめてもらって嫌な気持ちがする女性は居ません。
キスをする時は是非、恋人と沢山スキンシップを取りましょう。

かと言っていきなり彼女の下着の中に手を入れたりしてはダメ。
肩や腰など、身体の中心から遠いところをそっと撫でるなどして、彼女にエッチな出来事を期待させて下さい。
身体に触れながらキスをされると、徐々に女性の気持ちは興奮していきます。

焦らずにじっくりキスを楽しみ、恋人の反応を伺ってみて下さいね。
女性を「もっとして欲しい」「深い所を触って欲しい」という気分にさせることが重要。
エッチな気分が盛り上がることで、彼女はキスに夢中になります。

不倫

自分の身体に触らせながらのキス

彼女の身体に触るばかりではなく、逆に彼女に自分の身体を触らせるのも効果的です。
男性が女性の身体を好きだと思っているように、女性も男性の身体に興味津々!

男性から触られるよりも触る方が気が楽ですし、相手の身体に触れることで安心したりリラックスする効果が期待出来ます。
付き合い始めのカップルや、消極的な彼女を大胆なセックスに導きたい時にお勧め!

触らせる場所は胸、股間など、触るだけでドキドキするような場所が良いでしょう。
キスをしながら彼女の手を掴み、そっと誘導してあげて下さい。

男性が性的に興奮していることが伝わり、女性もエッチな気分になります。

女性が感じるディープキスのコツ

ディープキスって難しいですよね。
男性は気持ちイイと思っていても、女性はイマイチ感じていなかったり、なかなか思うように舌を絡めさせられないこともあるでしょう。
セックスの仕方や体位に好みがあるように、ディープキスも好みや感じるポイントは人によって違います。

唇を優しく噛まれるのが好き、舌を絡め合うと興奮する、歯茎を舌で撫でられるとぞくっとする等、ディープキスの細かいポイントは沢山あります。
キスを繰り返しながら、彼女はどんなディープキスが好きなのか探ってみましょう。

がむしゃらにキスをするのではなく、相手がどんなキスをしたがっているのか考えながら唇を合わせて下さい。
女性は無意識に「自分がして欲しいこと」を相手の男性にもするものです。

彼女の舌の動きを真似しながら反応を伺ってみて下さいね。

むすび

感じるキスをするために大切なのは、キスをするタイミングと、相手の気持ちに寄り添う行動です。

男性はつい「自分のやりたいようにやるのが一番良い」「彼女も感じてくれているはず」と思い込んでしまいがちですが、自分がしたい様にするのではなく、彼女が喜ぶことを意識してキスをしなければ彼女を夢中にさせることは出来ません。

「愛している」という気持ちを込めて唇を合わせ、愛情を送り込むつもりで舌を絡ませてみて下さい。
女性が喜ぶような雰囲気づくりも大切に。

ロマンティックで気持ちがこもったキスに、彼女はうっとりと夢中になってしまうこと間違いなしです。
今回ご紹介したことを参考に、次のデートでは是非もっと彼女の事を夢中にさせるキスをしてみて下さいね。

ABOUTこの記事をかいた人

Matsu

あんゆの管理人です。
不倫、浮気、略奪愛…最後までお楽しみ下さい。