片思いセフレから不倫恋人に昇格する4つの方法

何度告白しても受け入れてくれない彼に、「セックスだけでもいいから」とお願いしてセフレにしてもらった。
元カレと復縁しようとしたら失敗してしまい、彼女ではなくセフレ状態になってしまった。

既婚の彼を困らせないよう「都合の良い女」を演じていたらいつの間にかセフレになってしまった。
等々、本当は恋人同士になりたかったのに、関係の構築を間違ってしまうことがあります。

全く知らない間柄でいるよりは、セフレとして関係を持ち続けている方がチャンスがあると思うかもしれませんが、セフレ不倫から本命不倫恋人になる為には、思い切った「懸け」「駆け引き」が必要です。

「エッチの相手」だけではなく、彼にとってなくてはならない存在になり、そのことを相手にしっかり自覚させましょう。

こんな女は一生セフレ!ダメセフレ女性の特徴

まず、一生セフレ扱いされてしまうダメ女性の特徴をご紹介しますので、以下に当てはまる行動をとっている場合はすぐに止めましょう。
彼に呼び出されたら、仕事が残っていても友達と約束をしていてもいつでも駆けちゃう!という女性。

「彼の言うことなら何でも聞く」言う割には、彼の家族や他の女性に酷い嫉妬をし、セフレ相手である彼のことを束縛したがります。
素面でセックスをして我にかえるのが怖い、または少しでも理性を失くさないと素直になれないという理由でセックスの前にいつもお酒を飲む女性。

彼への愛情があるから「セフレ」になり切れず、セックス中もぼんやりしてしまいがちでいつも受け身でセックスをし、ホテル代も割り勘にすることがあります。
セフレにも恋人にもなり切れずどっちつかずの態度をとってしまう女性は、結局いつまでもセフレの立場に甘えることになってしまいます。

セックスのお誘いを断ってみる

既婚男性にとって「セフレ相手」は、性欲処理が出来て愚痴も聞いてくれて、後腐れも無くて、面倒なことがない「都合の良い存在」です。
彼の恋人になりたいのであれば、「都合の良い存在」から何とかして「無くてはならない存在」になるまで挽回しなければいけません。

まずは思い切って、「都合が良いセフレ」でいることを止めましょう。
男性は、女性と付き合い始めるまでは相手の事を一生懸命追いかけますが、一度自分の物になった女性を改めて追いかけることはありません。

特にセフレ相手のことは、「自分の女」だと思っています。
この状態のまま男性を甘やかしていては、恋人に昇格することは絶対にありません。

まずは、相手からのセックスのお誘いを断りましょう。
既婚男性にとってセフレ女性はある意味大切な存在、1度や2度断ったくらいでセフレ関係を解消しようとはしないので安心して下さいね。

不倫

彼以外の男性とデートをする

次に、彼以外の男性とデートをしてみましょう。
相手の男性の嫉妬心を煽ると同時に、あなた自身も心の余裕を持つことに繋がります。

「絶対に恋人になる」「私には彼しかいない!」という執着心が強すぎるとその気持ちが相手に伝わってしまいます。

「ずっとセフレ扱いをしていては、いつかいなくなるかもしれない」という危機感を与えることで、2人の関係について改めて考え直させるきっかけにしましょう。
女性に甘えるのを止めさせ、再び男性に追いかけさせることが、恋の始まりです。

相手の弱みを握る

相手の弱みを握ると言っても、脅すと言う意味ではありません。

例えば、「妻への愚痴を聞いてくれるのは君だけ」「こんなに気持ちが良いセックスが出来るのは君だけ」「慰めてくれるのが特別に上手で、週に1度は話を聞いてもらわないと気が済まない」など、彼の「弱い部分」を知ってそれを受け止め、解消する存在になるという意味です。

男性の多くは見栄っ張りで、仕事仲間や家族に自分の弱みを見せることがありません。
しかし身体を重ねた女性相手の前では、リラックスし、心を開いて本音を話してくれることがあるんです。

「素直になってくれる」というのはとても大きなポイントです。
セックスをして体を満たし合うだけではなく、彼の話を沢山聞いて、心を癒す存在になりましょう。

むすび

セフレから本命の恋人に昇格するのは簡単ではありません。
人間はどんなことでも「楽な方」を選びたがりますが、既婚男性にとって女性とセフレ関係でいることは、本気の不倫恋愛をするよりも楽なんです。

セフレで居る間は待ち合わせ以外の連絡を取ることはありませんし、ホテルに現地集合現地解散をしていれば不倫バレの可能性はほぼゼロですしお金も最低限しか必要ありません。

本気の恋愛をして、お互いにデートを楽しもうとするとこうはいきません。
今の関係を変えることを不安に思ったり、「セックスを断ったら嫌われるかも」と臆病になっている限りはずっとセフレのままでいなければいけません。

彼とのセフレ関係を解消して恋愛を始めたいのであれば、相手の言いなりになるのではなく恋の主導権を握る覚悟を持ちましょう。
絶対に彼に愛される存在になる!という自信を持ち、積極的にアピールして下さいね。

ABOUTこの記事をかいた人

Matsu

あんゆの管理人です。
不倫、浮気、略奪愛…最後までお楽しみ下さい。