目指せ略奪!男性が「俺が居ないとダメだな」と思う女性の特徴4つ

不倫恋愛は大人同士の恋です。
子供っぽい我儘で恋人を困らせたり、依存するような恋愛のやり方をしてはいけません。

しかだからと言って、「しっかりしなきゃ」「強くならなきゃ」なんて無理をしすぎるのもいかがなものでしょうか。
強い女性は魅力的ですが、あまりにもしっかりし過ぎると男性に守ってもらえなくなってしまうかもしれません。

既婚男性を略奪したいなら、「俺が側にいないとダメだな」と思わせるような、か弱い女性になることも時には必要です。
男性がつい構いたくなる、愛され女性の特徴をご紹介致します。

どこか頼りない「抜け感」がある

男性が守ってあげたくなるのは、仕事も恋もなんでもこなせる「完璧な女性」ではありません。
勿論、不倫恋愛を楽しむ為には大人としてきちんとした物の考え方が出来なければいけませんが、あまりにもしっかりし過ぎていると可愛げが無いものです。

しっかりしているように見えてうっかりミスをしたり、物知りで賢いのに地図を読むのだけは苦手だったり、美人で性格も良いのにたまにぼーっとして道につまずいてみるなど、思わず「おいおい、大丈夫?」と声をかけたくなるようなおっちょこちょいな女性を、男性は「可愛い」「守ってあげたい」と思います。

完璧過ぎず適度な「抜け感」がある女性の方が親しみやすさがあるし、ちょっとだけドジな彼女の事を、自分が助けてあげたいという気持ちになるものです。

精神的に弱く、落ち込みやすい

精神的に強い自立した女性はカッコイイし、割り切った不倫のお付き合いが出来るけれど、男性としてはどこか「自分がいなくても、彼女なら大丈夫」「俺は、彼女にとって本当に必要な存在なのかな?」という虚しさも感じずにはいられません。

逆に、精神的に不安定なところがあってすぐ泣いたり落ち込んでしまう恋人のことは、何をしていても「彼女は今何を考えているのかな」と気にせずにはいられません。

メールの返信に時間がかかったり、デートの約束をすっぽかしたりしてしまうと、「彼女が傷ついてしまうのでは」と心配になってしまうので、つい一生懸命彼女の事を構ってしまうんです。

不安そうな顔をした恋人から、「○○さんに抱きしめてもらうと落ち着く」「○○さんに慰められると安心する」と言われると、「俺が守ってあげなきゃ」という使命を感じるのが男性というもの。

特に年上の男性には効果抜群なので、年上男性との不倫を楽しんでいる女性は是非試してみて下さいね。
ただし、精神的に弱いことを可愛いと思ってもらえるのは20代まで!
30歳を過ぎてもメンタル的に弱い女性は付き合いづらいですし、誰からも呆れられてしまいます。

不倫

オネダリ、お願いが上手

1人で何でも出来てしまう自立した強い女性は素敵ですが、甘え上手な女性は男性に大切にしてもらえることが多く、やっぱり得です。

困っているのに「私なら大丈夫です!」と無理に強がってしまう女性よりも、素直に「助けて下さい」「お手伝いしてくれますか?」と自分を頼りにしてくれる女性の方に手を差し伸べたくなるし、「何か手伝ってあげることはない?」とつい構ってあげたくなるもの。

不倫関係は依存し合わないことが条件ですが、「○○さんだけが頼りなんです」「いつも助けてくれて、本当に頼もしく思っています!」なんて言われると嬉しくて張り切ってしまうのが男心です。

きちんとし過ぎない、おおざっぱな性格

仕事でもプライベートでも、何でもきっちり整理整頓出来る、きちんとした女性っていますよね。

公私混同をせずに、自分の気持ちをコントロールすることも出来る恋人のことは確かに頼もしいけれど、ずっと一緒にいると窮屈に感じてしまうかもしれません。
ホコリ一つ落ちていないほど片付けられた部屋よりも、ちょっとくらい散らかっている方が居心地よく感じることはありませんか?

きちんとし過ぎている女性は、「神経質そう」「ルーズな事をすると怒らせそう」と男性を委縮させてしまいます。

何かあっても「これくらい平気だよ!」「気にしなくていいよ」と笑っていられる、少しくらい大雑把な性格の女性の方が男性は一緒に居て気が楽だし、「俺がしっかり面倒を見てやらないといけないな」という気分になります。

むすび

男性が「俺がいないとダメだな」と感じるのは、頼りなくて、甘えん坊で、精神的に弱い部分がある女性です。

でも不倫恋愛をお互い不幸にならないように進めていく為には、恋人に依存せず、自立した女性になることも必要です。

「男性に大切にされたい、ずっと愛されていたいし、彼が側に居たいと思うような女性になりたい!」と思うのであれば、「自立」「抜け感」の丁度良いバランスを見つけましょう。

無理に強がったり、見栄を張るのは止めて、ちょっとドジな自分や、落ち込んでいる自分も素直に彼に見せて下さいね。
「完璧な女性」を目指すのではなく、守ってあげたいと思わせるような可愛げのある女性になりましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

Matsu

あんゆの管理人です。
不倫、浮気、略奪愛…最後までお楽しみ下さい。