このまま不倫を続ける?別れる?決意のポイントはここ!

不倫を続けていく自信が持てなくなったり、相手や自分の恋愛感情が冷めていると感じた時、恋人と別れるべきかどうか迷うことがあると思います。

しかし、勢いだけでお別れを決断してしまうと、その後後悔することになるかも。

不倫を続けるのも別れるのもあなたの自由ですが、後になって後悔することが無いよう、じっくり考えてから決めましょう。

悩んでいるうちは「別れない」のが正解!

「別れようかな」と悩んでいる間は、不倫をすることの切なさや辛さと、恋人といる間に感じる沢山の幸せが同時に浮かび、頭の中がぐちゃぐちゃになってしまいます。

「嫌だと感じた気持ち」はインパクトがあるものですから、不倫中に寂しい思いをしたことや、恋人に嘘を吐かれて悔しかったことなど、特にネガティブな感情を強く思い出してしまうかもしれません。

でも、その気持ちに流されてお別れを決めてしまって、本当に良いのでしょうか?
恋愛に関する悩みは、自分自身がその問題から逃げず、相手ときちんと話し合うことで解決策は必ず見つかります。

「イライラするから、もう別れる!」と衝動的に決めるのではく、一時的に不倫を「お休み」して心をリラックスさせ、自分達のことを客観的に見る機会を作るなどしてみましょう。
「どうしようかな」と悩むのは、相手に未練がある証拠。

一時の感情に流されて別れを決めると、後になって後悔することになります。

相手のことを信じられなくなったら、別れる

感情とは、何もネガティブな方にばかり流されるとは限りません。
「別れるべき」だと分かっている相手なのに、つい情が残って別れられず、ズルズルと交際を続けている、という場合もあるでしょう。

恋人との間に確かな信頼関係と愛情がないのに、不倫を続けても意味がありません。
相手に対して「信じる気持ち」を持てなくなった時が、思い切って別れを告げるポイントです。

具体的には、何度も嘘を繰り返す恋人。
自分を守る為や、言い訳をする為に何度も嘘を繰り返してしまう恋人と、信頼関係を築くのは無理です。

また、「結婚しようね」と言ってくれていたのに、妻を妊娠させた、自分以外にも付き合って居る女がいた、等、女性の心を酷く傷つける嘘を平気で吐く恋人とも、関係を持ち続けるのは難しいでしょう。

恋人との間に「愛と真実」があるかどうかを、別れを考える時のポイントにして下さい。

不倫

W不倫を終えるのは、お互いの「道」が分かれた時

W不倫はお互いの考えと立場を理解しやすく、長続きしやすい関係です。
はっきりとした愛情がなくなり、「友人以上恋人未満」のような曖昧な感情になっても別れられず、ついズルズルと交際を続けてしまうのもよくあることです。

W不倫の関係を終えるポイントは、「お互いの道が別れた時」だと考えましょう。

例えば、どちらかが「不倫はお終いにして、これからは家族の為に尽くしたい」と思ったのであれば、片方はそれを引き留めてはいけません。

逆に、自分にはそのつもりがないのに、恋人に「離婚するから、あなたと結婚したい」と言われた場合も、トラブルを避けるためにお別れを考えることをお勧めします。
または、転勤などで遠くに引っ越すことになった等、遠距離になる時もお別れを考えるタイミングになるでしょう。

W不倫はお互いに無理をせず付き合えることが重要です。

後悔しない不倫の別れ方

別れた後に後悔しないコツは、「後悔しない別れ方」をすることです。
絶対に必要なのは、「何があっても別れる!」という強い意志を持つこと。

「別れようかな、どうしようかな」「別れた方がいいなら、別れようかな」という緩い気持ちでは、必ず未練が残り、後になって後悔します。

付き合ったり別れたりを繰り返す不倫カップルは多いですが、気持ちがすれ違い続け、お互いを信用しきれていない証拠なのであまり良いことではありません。
不倫相手と別れる時は、未練と証拠を残さない様に心掛けましょう。

別れた後に恋人の事を考え過ぎることなく気持ちを切り替えられるよう、恋人以外にハマれそうな趣味や、好きになれそうな異性を見つけておくことをお勧めします。

むすび

恋人とどんなに仲が良くても、2人の関係が不倫である場合の恋愛は山あり谷ありです。

恋人と自分は相性が悪いと感じたり、既婚者と付き合うことを虚しく感じて「別れようかな」と思ったり、大切な約束を破られてカッとなって「もう別れる!」と思わず言いそうになってしまうこともあるでしょう。

でも結局、心の中に「愛情」が残っている限りは本当には別れられないし、もし無理矢理別れてしまったら絶対に後悔してしまいます。

不倫恋愛は感情的になってはダメ。

どんな時でも落ち着いて、相手と自分の気持ちを冷静に考えなければいけません。
気持ちが落ち込んでしまったり、逆に興奮して抑えられなくなった時は、しばらく恋人に会うのを止めて、一人になってみましょう。

これからもお付き合いを続けるとしたらどんな風にしたいのか、まだ相手のことをどれくらい好きなのか、自分の気持ちを確かめる時間を作って下さいね。
安易に別れを選択をするのではなく、純愛を貫く勇気を持ちましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

Matsu

あんゆの管理人です。
不倫、浮気、略奪愛…最後までお楽しみ下さい。