実は演技してた!不倫デート中のあの瞬間5つ

折角の不倫デート、どうせなら心から楽しみたいし、恋人にも楽しんでもらいたい。
そう思うからこそ、ちょっとくらい嫌なことがあっても、我慢して笑顔を作ったりしますよね。

大好きな恋人とずっとラブラブでいるために、演技をしてその場を誤魔化したり、わざと大げさに振る舞って雰囲気を盛り上げることも時に必要です。
女性は皆、女優♪恋人を喜ばせる為の「演技」をしているんです。

怒っていることがあるのに、デートを楽しんでいるふりをした

不倫の恋人同士は、デートをするきっかけを作るのが難しいものです。
月に1、2回しかデートが出来ないというカップルも多いでしょう。

普段メールや電話でばかり連絡を取っていると、どうしても気持ちがすれ違ってしまいがち。
仕事だと言いつつ家族サービスをしていたり、奥さんとはエッチしてないと言っていたけど実はそうじゃなかったり、彼の小さな嘘や矛盾に気付いてモヤモヤしてしまうこともあるでしょう。

でも、デート中の空気を悪くするのは嫌だから、彼を責めることは出来ません。
彼の嘘を知っているのに気付いていないふりをしたり、怒っているのに機嫌が良いふりをするのは良くあること。

でも、ずっと心の中に仕舞っていてもモヤモヤした気持ちは晴れませんし、「本当の気持ち」に気付いてくれない相手への不満に繋がってしまいます。
デートを心から楽しみたいのであれば、彼に言いたいことや聞きたいことは、デートに出掛ける前に全て伝えて解消しておくことをお勧めします。

「何でもいいよ」とは言ったけど、本当は嫌だった

恋人から「どこに行きたい?」「何を食べたい?」と聞かれて、つい「何でもいいよ」と言ってしまう女性。

聞き分けが良い恋人であることをアピールしているつもりかもしれませんが、本当に「何でもいい」というわけではありませんよね?

辛い物は苦手だとか、雑誌で見かけたお店に行ってみたい等、恋人には伝えていない希望があるはずです。
聞き訳が良い恋人であるように演技しているつもりかもしれませんが、本音を隠し続けて「何を考えているか分からない恋人」は逆に扱いづらいと思われてしまいます。

折角のデートなのですから、希望があるのならきちんと伝えましょう。
その場で言いづらいのであれば、待ち合わせの前に相談してみてはいかがでしょうか。

不倫

疲れてなかったけど「疲れた」と言ってみた

本当はもっと歩けるけど「足が痛くなっちゃった」とか、実はそんなに酔っぱらってないけど「飲み過ぎちゃったかも…」と具合が悪くなってしまった演技をする。
男性にお持ち帰りされたい時や、イチャイチャしたい時に女性がやりがちな演技です。

彼を困らせたいとか引き留めたい等の悪気があるわけではなく、「甘やかされたい」「か弱い女性だと思われたい」と思う気持ちの表れです。
または、「ホテルに行きたい」という気持ちを伝える為に演技をすることもありますよね。

具合が悪くなったふりをするのは、構って欲しいという気持ちがあるから。
男性は、女性が「疲れたなぁ」と言い始めたら、それが演技でもそうじゃなくても、すぐに彼女が休める場所までエスコートしてあげましょう。

逆に、本当に疲れていてもデートの雰囲気を壊したくなくて「疲れた」と言えないこともあります。
デート中の女性の様子を良く見て、気遣ってあげましょう。

本当はもっと一緒に居たいけど、大人しく帰った

不倫をする女性は、常に「我慢」を強いられます。
どんなにツライことがあっても、彼に会いたいと思っても、いつでもすぐに彼に慰めてもらえるわけではありません。

不倫中の女性が最も切ないと思っているのは、既婚の恋人を家に帰す瞬間です。
奥さんの元へ帰っていく彼を見送るのは一番イライラするし、悲しい気分になってしまいます。

女性が平気そうな顔で「じゃあ、またね!」と手を振っていても、心は切なさに締め付けられているんです。
彼を困らせない為に、切ない気持ちを押し殺して笑顔の演技をしていることを、男性は察して下さいね。

感じてないセックスも「気持ちいい」と言ってしまう

不倫セックスは特別なスリルと背徳感があり、他のセックスでは感じることが出来ないような特別な快感を得ることが出来ます。
不倫セックスならではの快感にハマり、不倫を止められない!と言う人もいるほどです。

しかし、女性の体の感度はその時の体調や気分に大きく左右されますから、時には「エッチをしていても、あまり感じない」なんてこともあります。
そんな時女性は、相手をガッカリさせたくない、雰囲気を盛り下げたくないと思い、一生懸命感じている演技をするものです。

今日は感じることが出来なくても、愛があるのだからこの次はきっと気持ちの良いセックスが出来るはずと信じています。

むすび

「デート中に演技をしている」と聞くと嘘を吐かれているようであまり嬉しくない気分がするかもしれませんが、女性はむしろ、男性に嫌な思いをさせない為に気遣って演技をしているんです。

ちょっとくらいの嘘や演技は、お付き合いをスムーズに進める為に必要なもの。
大切なのは、嘘の奥に相手への純愛があるかどうか。
愛があれば、どんなデートでもきっと楽しいものになるはずですよ。

ABOUTこの記事をかいた人

Matsu

あんゆの管理人です。 不倫、浮気、略奪愛...最後までお楽しみ下さい。