不倫相手の彼を「ダメな人」と感じるのはこんな時

どんなに愛しい相手でも、ふとした瞬間に「この人、ダメな男だなぁ」と感じてしまうことがあります。

不倫恋愛をしている場合は不安や悩みを常に抱えているので、相手の本音をもっと知りたいという気持ちから、自然と恋人の態度や言動を細かくチェックしてしまいます。
不倫恋愛中、恋人のどんな態度を見るとガッカリしてしまうのでしょうか

不倫相手の彼を「ダメだなぁ」と感じてしまう、「あるある!」な瞬間をご紹介致します。

嘘をつく、誤魔化す

本当は奥さんと今でもエッチをしているのに、「夫婦間の性交渉はない」と言ってみたり、デートに遅刻した言い訳を「仕事の都合で仕方がなかった」と誤魔化したり。

たまになら許せるのですが、何度も嘘を繰り返す男性には「ダメな人!」と思わずにはいられません。
バレない嘘ならまだ良いのですが、どんなに小さな嘘でもバレた瞬間に「もうこの人を信用出来ない」と、不信感を持ってしまいます。

不倫恋愛は未来の約束がない分、信頼や愛情が何より大事。
都合が悪くなる度に、嘘や誤魔化しでその場を乗り切ろうとする男性には、「大切にされていない」「適当にあしらわれている」と感じてしまいます。

女性をガッカリさせる、誠意のない態度は改めて欲しいものです。

はっきり言葉で言いたがらない

不倫恋愛カップルには、しっかりした愛情表現が絶対に必要です。
「好きだよ」「愛しているよ」と言葉で言ってくれない男性には、女性の気持ちが萎えてしまいます。

既婚の男性が、妻以外の女性に「愛している」という言葉を伝えることに抵抗があるのは理解出来るのですが、やはり女性としては「純愛を貫いて付き合って居るはずなのに、愛している、の一言すら言ってもらえないのはどうしてなの?」「私は本当に愛されているの?」と不安になってしまいます。

不倫と呼ばれる関係になる以上、それなりの覚悟をしているはず。
リスクや罪悪感を背負いつつ、それでも恋人への純愛を貫く決心をしているはずです。

「愛している」という言葉すらプレゼントしてもらえないことを残念に感じますし、「意気地なし男」と思ってしまいます。

不倫

奥さんとなかなか離婚しない

「妻とは家庭内別居状態」「離婚に向けて話し合っている」と言いつつも、いつまでも離婚してくれない男性には心底ガッカリさせられてしまいます。

離婚が実際に成立するまでは長い時間がかかることは女性も分かっていますが、それにしても限度というものがあります。
もし、本当は離婚する気がなくて、ただ不倫関係を切らさない為に「離婚する」と嘘を吐いているのであれば、素直にそう言ってもらいたいものです。

男性の本音を教えてもらえれば、不倫恋愛を終えるにしろ続けるにしろ、自分も気持ちにけじめを付けることが出来るかもしれないのに…と考えているのが女性の本音です。

「離婚」をちらつかせて関係を長引かせようとする男性は、どんな女性にとっても「ダメ男」です。

不倫恋愛中は常に誠実に、本当のことを伝えて欲しいとお願いしましょう。

お金や時間にだらしない

いくら信頼関係があると言っても、女性に甘えてお金を借りたり、約束した時間に平気で遅刻したり何度もドタキャンを繰り返すような男性はダメ。
不倫恋愛は甘え合う関係ではなく、お互いに自立した男女の間でのみ成立する、大人の関係です。

自分のお金や時間をしっかり管理するというのは、大人であれば当たり前のこと。
だらしない態度で女性をガッカリさせることのないよう、男性陣は気を付けて下さいね。

自分を実際よりも大きく見せたがる

「学生の頃はモテまくって、言い寄ってくる女性を断るのに大変だった」と嘯いたり、身の丈に合わないような高級スーツを着て自慢するなど、実際よりも自分の姿を大きく見せようとする男性っていますよね。

女性は、男性が思う以上に細かいところまで相手のことを良く見ているものですから、相手が本当はどの程度の男性なのか、すでに見抜いていることがほとんどです。

男性が自分を大きく見せようとすればするほど、女性にはそれが「小さい男」である証拠のように思え、「見栄っ張りな人だなぁ」と思わずにはいられません。

ありのままの自分を受け入れ合うことが本物の恋愛ですし、本当の自分を隠したままでは不倫恋愛を楽しむことは出来ません。
自分に自信を持って、素直な気持ちでお付き合いをしましょう。

むすび

「恋は盲目」とは言いますが、あまりにもダメな様子を見せられてしまうと、100年の恋も冷めてしまいます。
女性側の気持ちが本気であればあるほど、男性のちょっとした態度が気になってしまったり、彼の行動に幻滅してしまうことがあるかもしれません。

目を瞑ればやり過ごせる程度の欠点なら良いけれど、どうしても我慢出来ない場合は彼に伝えて改善するようアドバイスしてみてはいかがですか?

「ダメな人ね」とネガティブに感じながら付き合うよりも、「この部分を治せば、もっと素敵な男性になれるに違いない」と思いながら付き合う方がずっと楽しいですし、男性をより魅力的に変身させる「アゲマン女性」になれちゃいますよ。