W不倫の恋!不倫相手に「W離婚しよう」と言われた時に考えたい5つのこと

W不倫は基本的に、将来的に2人が結ばれることを目標にするのではなく、お互いの家庭を守ったままお付き合いを続けたいというカップルが多いものです。

自分が割り切った付き合いをしているつもりなのに、相手から「W離婚をして、再婚しよう」と誘われたら、あなたならどうしますか?

それぞれが戻る場所である「家庭」を捨てて2人で一緒になりたいと言ってくれるのは、相手はそれだけ本気であなたの事を愛してくれているということです。
しかし、家庭を出て行くかどうかの判断は簡単に出来るものではありません。

急いで返事をする必要はないので、まずはじっくり自分の本音と向き合ってみましょう。
「W離婚」について何をどう考えるべきか、アドバイス致します。

将来設計について真剣に考える

「離婚するかどうか」ではなく、離婚をして、将来自分はどうしたいのかを具体的に考えてみましょう。

まず、それぞれいつまでに離婚することを目指すのか。
お互いの貯金はどれくらいあるのか、仕事はどうしていくつもりなのか、正直なところを話し合ってみましょう。

また、子供がいるのであれば、子供を引き取るつもりなのか、手放して養育費の支払いをするのかも知っておかなければいけません。

結婚を前提で離婚をするのですから、結婚後、両親とはどのように生活していくつもりなのか、等、
お互いの両親のことについても了解しておく必要があります。

離婚を成立させてしまったら、もう引き返せなくなります。
「そんな事、聞いてない!」というトラブルが起こることの無いよう、細かい部分まで、初婚の時よりも念入りにしっかり考えてみましょう。

離婚に反対する人がいないか、お互いに良く考える

自分では「離婚したい」と決意を固めても、周囲の家族や親族に反対されて、諦めてしまう場合があります。

自分の子供に、「パパとママ、別れないで」と言われて決意が揺らいでしまったり、「子供が大きくなるまでは我慢して」とパートナーに説得されて、心変わりすることがあるかもしれません。

自分を大切に育ててくれた両親に、「離婚なんて絶対に許せない、離婚するなら勘当だ!」と言われて、渋々離婚を諦めざるを得なくなるかも。

離婚したい気持ちがどれほど強くても、反対する人が周囲に多くなればなるほど、実際に離婚をするのは難しくなってしまいます。
離婚に反対しそうな家族は誰なのか、どうやって説得するのか、計画を立てて下さいね。

心配なことがあれば全て相手に相談してみる

離婚をしてからの再婚は、初婚を決意するよりも勇気がいるし、乗り越えなければいけない壁が多くあります。
再婚をしても幸せな事ばかりではないし、周囲に祝福してもらえるとも限りません。

再婚相手と不倫関係にあったことがバレてしまうと、責められることもあるかもしれません。

離婚したことを周囲に悪く言われても耐えていけるか?慰謝料を請求された場合、支払えるか?その後の生活はどうするのか?など、少しでも不安に思っていることがあれば、恋人にしっかり相談しましょう。
また、女性としては気になる、結婚式はするのかどうか、周囲への報告はどのようにするのかなども、恋人と話し合っておいて下さいね。

離婚のタイミングは自分の意志で決める

どうしてもW離婚を成立させたい相手の方から、「今が離婚のチャンスだから」「夫婦仲が悪いから、今ならすぐに離婚出来る」など、早く離婚を決意するように急かされることがあるかもしれません。
しかし、離婚するかどうかは大きな問題ですし、離婚のタイミングについてもそれぞれベストの瞬間があるはずです。

相手の都合に流されないように注意しましょう。

離婚のタイミングを2人で合わせようとしても、なかなか上手くいきません。
W不倫の計画を立てる時は、「2年以内に離婚を成立させる」等、期間に余裕を持ちましょう。

「不倫相手と結婚したいから離婚する」では上手くいかないかも

不倫相手が好きだけど、家族のことも好き、という気持ちがあるうちは、家族との縁を切るのは難しいものです。

「どうしても離婚したくない」「夫婦関係をやり直すチャンスが欲しい」と縋られると、家族への情がわいてしまいます。
これ以上夫婦生活を続けるのが苦痛である、夫婦関係が破たんしている、と思うほどの気持ちが無ければ、離婚を成立させるのは困難です。

離婚を決めるかどうかは、不倫相手とではなく、夫婦でよく向き合って考えて下さいね。

むすび

W離婚を提案してもらえるのは、それだけ真剣に愛されていると言うので、幸せな事です。
でも、家族を続けていくかどうかはまた別の話!

不倫は不倫として割り切ったお付き合いを続けていくのか、「離婚」をして恋人と新しい関係に向かうのか、相手の言うことに流されるのではなく、自分はどうしたいのかをしっかり考えて決めましょう。
じっくり悩んで出した答えなら、どっちを選んでも後悔はしないはずなので、勇気を持って行動を起こして下さい。

自分が幸せになれると思う方を選んで下さいね。