不倫は純愛

不倫相手と復縁するための復縁メールのタイミングと内容とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一度は別れてしまった不倫相手と復縁したいけど、どうすればいいのか分からない方へ!
まずやるべきことは、「適切な冷却期間」を置くことです。

ケンカ別れした時はすぐに素直に謝り、また復縁したい旨を出来るだけ早く伝えることが大切ですが、そうでない理由で別れた時は、お互いの感情と気持ちを整理するために冷却期間が絶対に!必要です。

冷却期間の後、それでも彼と復縁したいという気持ちが変わらなければ、メールで再アタックしましょう。

復縁の為にはメールより電話!

メールよりも、まずは電話で気持ちを伝えた方がいいんじゃないかと考える方もいらっしゃるでしょうが、私がお勧めするのはメールです。
復縁するためにまず目先の目標にするのは、「相手と直接会う」ことです。

会えない相手と復縁なんて、ありえませんからね!
約束を取り付けることだけを狙うなら、電話よりもメールの方が圧倒的に有利なんです。
その理由を説明しましょう。

・メールのメリット、デメリット
電話に無いメールのメリットは、考えながら文章を作ることが出来る点です。
電話は相手の言うことに素早く反応しなければいけないので、ゆっくり考えることが出来ませんし、緊張したり興奮したりすると、選ぶ言葉を失敗してしまいます。

相手からの文章をじっくり読んで、気持ちを考え、それに対してどう言葉を返すか…と冷静にやり取りが出来るのが、メールの最大のメリットです。

逆にデメリットは、送受できる情報量が圧倒的に少ないこと。
伝えたいことを簡潔にまとめなければいけません。

・電話のメリット、デメリット
電話のメリットは、タイムリーに多くのメッセージをやり取りできること。
声色から、相手の気持ちを読みやすいことです。

しかし、電話はハイリスク・ハイリターン。

冷却期間を空けたとはいえ、別れた恋人と会う約束を取り付けようと電話をすることに、多少の気まずさを感じない人はいないでしょう。
それは相手も同じです。

「いきなり電話なんて、何の用?」と身構えられてしまいます。
よほど自分の会話力に自信があり、相手もまだ自分に未練があるはず!という自信と余裕を持てる人以外は、いきなり電話をかけることはやめておくのが無難です。

uranaiadb1

復縁メールを送るタイミングは別れ方によって違う

復縁の為の第一歩はいつ頃踏み出すのが一番良いのでしょうか?
実はそれは、別れ方によってかなり違います。

ケンカ別れをした相手と復縁したいのであれば、どちらに非があるとしてもすぐに「ごめん!」メールを送りましょう。
別れようと話し合った、その日の夜家に帰ってからすぐでもOK!出来るだけ早い方が復縁しやすくなります。

自然消滅の場合も同じように。

「あれ?もしかして私って振られたの?」と思ったその日に送りましょう。

時間が経てば経つほど、相手の気持ちが離れて行ってしまいます。
それでは、きちんと話し合って別れを決めた場合はどうでしょうか。

復縁したいと思うのであれば、冷却期間は短くても長過ぎてもダメです。
あなたの性格や行動に問題があるとされ、彼の気持ちが冷めてしまったために別れた場合は、およそ半年は期間を開けて下さい。

あなたに非があり、彼に嫌われて振られてしまった場合はもっと長く、1年の冷却期間が必要になります。

あなたが彼を振った場合は、1ヶ月程度です。
自分から振ったとはいえ、すぐに連絡してはダメです。

「じゃあなんで別れようなんて言ったんだよ!」と相手を怒らせるだけですから…。
自分と彼は何故別れることになってしまったのか、その理由をよく考えて、適切な冷却期間の後にメールを送って下さいね。

uranaiadb1

絶対使える復縁メール例文!

さて、いよいよメール本文を考えます。
最初のメールはとても大切です。

これを無視されてしまうと、復縁はとても難しいものになります。
何度も立て続けにメールを送り続けることは出来ませんから。

確実に返信がもらえる内容のメールを送りましょう。
冷却期間後、一番初めに送るメールのポイントは3つ。
・復縁したいと思っていることは伝えない
・要返信である
・長過ぎず短すぎず

これを踏まえて、復縁メールの例文をご紹介します。

「お久しぶりです!ちょっと相談したいことがあって、メールしました。私の友達が捨て猫を3匹保護しました。友達が病院に連れて行ったところ、生後3ヶ月くらい、病気は持っていないそうです。もしよかったら、周りでもらってくれる方がいないか、声掛けをしてみてもらえませんか?子猫の画像添付しておきます。とても可愛い白猫です!」

「お久しぶりです。すみません、以前教えてもらった、○○さんの連絡先をなくしてしまいました。どうしても急用で連絡を取りたいので、○○さんの電話番号をもう一度教えてもらえませんか?よろしくお願いします」

どうですか?未練なんて微塵も感じられないでしょう?
このメールの内容であれば、必ず返信が来ます。

これをきっかけにメールを続け、話しが盛り上がったら「ちょっと電話してもいいですか?」「もしよかったら、会ってお話ししませんか?」と誘いましょう!

しっかりと冷却期間をあけていれば、久しぶりに声を聴いた元カノであるあなたからのお誘いに、彼も乗り気になります。
すぐに家を抜け出して来てくれますよ!

むすび

復縁したいのであれば、まずはメールを送ること。
きちんとした手順を踏めば、復縁メールは怖くありません!
さぁ、復縁への第一歩を踏み出しましょう♪

※期間限定※
あんゆ読者限定◇無料診断◇

Matsu
あんゆの管理人です。
不倫、浮気、略奪愛…最後までお楽しみ下さい。
a45451

関連記事