不倫は純愛

別れた不倫相手からお金を取る方法は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

付き合っていた不倫相手とお別れした時。
でも、心に一つ引っかかっていることがある。

それは、付き合っていた時のデート代。

男性はお小遣い制で、お財布の中にお金がないから…と、ホテルや食事の時のお金はいつも女性側が払っていた。
お金がないのが理由で会えないのは寂しいし、いつか彼と結婚するかもしれないものね、そうしたら家計は一緒になるし、まぁいっか!と思っていたけど…。

別れることになったのなら、今まで使ってきたお金を返して欲しい!と思いますよね。

金額が大きければ大きい程、諦めきれないはず。
これは可能なのでしょうか?

後から請求するのは難しい…

気持ちは分かりますが、別れた後に、「付き合っていた頃のデート代」を請求するのはとても難しいことです。
何故かと言うと、法的に無理だからです。

デート代ではなく、彼の借金を肩代わりして払ったというのなら、話は少し違ってきますが、「デート代」というのは一人で使うものではなく、2人で使ったものです。

結婚の約束があったとか無かったとかも、一切関係ありません。
いくらお金を返してと訴えても、相手が頷かなければ、そのお金は返って来ません。
つまり、返すも返さないも相手次第です。

どんな気持ちでお金を出していたのか、は重要!

しかし、返金してもらえる場合もあります。
これは、お金を出す時に女性側が「立て替えておくだけだからね、後で返してね」と彼に告げ、相手も「必ず返すよ」と了承していたのであれば、お金が返ってくることがあります。

また、男性が「いつか自分と結婚したら、財布は1つになるんだからいいよね。今は出しておいて」と、結婚をチラつかせながら、女性からお金を巻き上げていた場合も、返金してもらえる可能性は高くなります。

もしあなたが彼に何も言わず、「いいよ、ここは出すから」と言っていたのであれば、返してもらうのはちょっと難しくなります。

「どんなつもりでお金を出しているのか」はとても重要なことですので、もし今、デート代をほとんど自分が負担していて、もし別れることになったらそのお金は返してもらいたい…と考えているのであれば、お金を出すたびにハッキリ「このお金はいつか返してね」と告げておくことをお勧めします!

uranaiadb1

プレゼント代は請求しない

デート代以外に、プレゼント代はどうでしょうか。
これはやはり相手には請求しない方が良いです。
おそらく、女性側も相手から何かしらのプレゼントをもらっているかと思います。

「こんなはずじゃなかった!プレゼント代を返して」と言えば、相手も同じように「それならそっちもプレゼント代を返せ」と言ってくるかもしれませんからね。

面倒なことになりますので、プレゼント代については請求しない方が吉です。
ただ、これも結婚をチラつかせながら買わせた物については、返金を求めてもOKです。

uranaiadb1

男性を説得するには、コツがある!

返金してもらうのは難しい、とは書きましたが、絶対に無理というわけではありません。
お金を返してくれるよう、相手を説得すればいいのです。

相手に何も言わずにお金を出してきたけど、やっぱり悔しい!金額も大きいし、どうしても返してもらいたい!
という場合に、お勧めの方法をお教えします。

法的に強制力がない以上、例え訴訟を起こしても相手からは返金してもらえません。
ですので、自分で相手男性を説得してお金を返してもらう必要があります。
男性を説得する時に使えるコツ、お教えします。

まず、説得する場所は人目のある場所を選びます。
カフェや居酒屋等で大丈夫ですが、決して個室には入らないように。

2人きりになると、男性はリラックスし、女性に対して優位に立とうとしますので「嫌だ」と言いやすくなってしまうのです。
人の目がある場所なら、相手の気持ちが不安定になりますので、こちらの主張に対して断りづらくなります。

また、ケンカ腰で話をしてはいけません。
こちらがケンカ口調で話をすると、相手も身構えて同じように話をしてきます。
怒らせてしまうと、絶対にお金は返ってきませんので、冷静に話をしましょう。

「別れたのだから、お金を返して欲しい!」とは言わず、出来る限り相手の同情と共感を引くようにします。

「今まで、ずっと私がデート代を負担してきたけど…じつは、貯金を切り崩していたの。沢山使ったから、口座にお金が残っていなくて…少しずつでもいいから、返してもらえないかな?」と切り出しましょう。

この時重要なのは、明確な金額を提示することです。

額が大きければ大きい程、「こんなにお金を使わせていたのか!」と相手に罪悪感を感じてもらうことが出来ます。

特に男の人は、具体的な数字や根拠を説明した方が納得しやすいので、ざっとでも構いませんので金額を計算し、ホテル代がいくら、食事代がいくら…と明細を説明できるように準備しておきましょう。

どうしても相手が納得しない、というのであれば、奥の手です。
「本当にお金に困っているの。説明が足りないなら、金額の詳細を書いてあなたのおうちに郵送しようか?」とサラッと言ってみましょう。
焦って、返金をOKしてくれるはずです。

面倒くさい女と思われてもお金が返ってくれば、目標達成です。
別れる男のことを考えるのはやめましょう。

むすび

不倫に費やした時間は、もう取り戻すことが出来ませんが、お金なら取り戻せます。
しっかり彼を説得して、全額取り戻しましょう。

※期間限定※
あんゆ読者限定◇無料診断◇

Matsu
あんゆの管理人です。
不倫、浮気、略奪愛…最後までお楽しみ下さい。
a45451

関連記事