不倫は純愛

不倫は依存?なかなか不倫を止められない理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「不倫はあくまで遊び♪」と割り切りながら楽しんでいる人がいれば、「何度別れを決意しても、結局また不倫相手のところに戻ってしまう」「どうしても不倫をやめられない」と悩む人もいます。

ダメだと分かっているのに、もうやめようと何度も決意したのに、それでも不倫をやめられない…それは何故なのでしょう?

セックス依存症でも、極度の浮気性というわけでもないのに、どうしても不倫をやめられないのには、実は不倫ならではの理由があるのです。

不倫をやめられないのには明確な理由がある!

不倫がやめられないのには、大きくわけて3つの理由があります。
・障害があるからこそ、燃える恋愛である
・共依存の関係に陥りやすい
・不倫は麻薬のようなものだから
この3つの理由を、これから細かく解説いたします。

この先の文章を読めば、どうしてこんなにも不倫をやめられないの?という疑問に、必ず答えが見つかるはずです。

障害があるからこそ「不倫は運命の恋」と思い込んでしまう

イケナイことだと分かっているのに不倫にハマってしまう理由の一つは、不倫には必ず「障害」が存在するということです。
相手もしくは自分には、結婚したパートナーがいる。

そのパートナーの存在が「障害」です。
どんなことであっても、「障害」を乗り越える為には精神的・肉体的にパワーを使います。

目の前に乗り越えなければいけない壁があるからと、そこで引き返すのではなく、その壁を乗り越えるためにより一層不倫相手の事を愛し、不倫関係に夢中になっていくのです。

「他の恋愛をしている時は、これほど相手の事を愛していなかった」
「これだけ夢中になり、一生懸命になっているのだから、これはきっと運命の恋だ」

障害を越える為にどんどん気持ちが盛り上がり、こんな風に考え始めます。
そして、気付いたときには「もう引き返せない」ほど深い愛情を相手に捧げているのです。

共依存の関係になってしまった不倫は止められない

お互いが共依存の関係になってしまった不倫は、特に止められません。
共依存というのは、自分の事よりも相手の立場に深く入れ込み、その問題を解決することや、献身的に世話をすることに夢中になることです。

不倫はこの状態になりやすいもの。
何故かと言うと、現状になんらかの不満がある人が不倫に走りやすいからです。
家庭に不満がある既婚者、仕事や恋愛がうまくいかない独身者、過去に何らかのトラウマを追ってしまった人ほど不倫に手を出します。

普段の環境からかけ離れたシチュエーションの中(非現実)で恋愛をすることで、現実に直面している困難な問題から逃避し、不倫相手に必要とされることで自分の存在価値を認めようとします。

自分は相手の力になっている、救いになっていると信じることに喜びを感じますが、その気持ちの根底にあるのは「自分あってこその相手、相手があってこその自分」、つまり共依存の気持ちなのです。

自分の悩みを相手の悩みにすり替え、それを救済することで自己満足を得ます。

こうなるともう、「相手の存在こそが自分の存在意義」とまで思い込むようになっていますので、離れようとしても離れられないし、不倫は悪いことだからやめよう、と思ってもそうは出来ないのです。

不倫が精神安定剤になっている

不倫は麻薬のようなもの、と言われます。
恋愛をしている間、人間の脳にはあるホルモンが分泌されています。

物事に集中している時や、恋愛感情を感じている時に脳内に分泌される、PEA(フェニルエチルアミン)というこのホルモンは、「恋愛ホルモン」と言われたりもします。

これは脳下垂体から分泌され、脳内で性的興奮と快感に直接作用します。
しかしこの恋愛ホルモンは、一般的には時間の経過とともに減少し、およそ半年~3年ほどで作られなくなるのです。

恋の賞味期限は長くて3年、と言われるのはこの為です。

しかしなんと不倫の場合は、3年を超えてもこのホルモンが分泌され続けるのです!
時間をかければ関係が安定していく通常の恋愛とは違い、不倫はいつまでも「いつ終わるか分からない」「いつバレるか分からない」という危機にさらされています。

この為、いつまでもホルモンが出続けるんだとか。
また、この恋愛ホルモンには麻薬効果があり、中毒症状まであるんです。

不倫をやめようかな?と考えても、恋愛ホルモンの分泌が止まりそうになると心が不安定になり、「やっぱり相手と離れられない…」という気持ちになるのはこの為。

不倫をやめようと思っても止められないのは、科学的にも理由があることなのです。

むすび

「スリルと刺激がある不倫のお付き合いが純粋に楽しいから」「決められたパートナー以外とのセックスが気持ちいいから」等他の理由もありますが、その場合は、もう絶対に止めよう!と決意すれば止められなくもないでしょう。

今回は、「止めようと何度も決意しているのに、どうしても不倫をやめられない!今の不倫相手から離れられない!こんな気持ちになるのはどうしてなの?」という疑問への答えをご説明しました。

もやもやした気持ちに説明がつかないと、苦しい気持ちになりますよね。

その気持ちにはちゃんと理由があるし、悪いことではないというのが分かって頂けたと思います。
どうしても止められないのなら、自分が納得するまで不倫を続けてみるのが一番良いです。

※期間限定※
あんゆ読者限定◇無料診断◇

Matsu
あんゆの管理人です。
不倫、浮気、略奪愛…最後までお楽しみ下さい。
a45451

関連記事