不倫は純愛

不倫相手か妻か、悩む既婚男性へのアドバイス4つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

不倫中の男性なら、一度は、このまま結婚生活を続け生涯を妻と共に過ごすのか、それとも離婚して不倫相手と再婚し、新しい人生を進んでいくのか…と必ず悩むと思います。

人生は長く、嬉しいことや辛いことが沢山訪れます。

その様々な出来事を、どんな女性と共に享受していくのか、そして人生の旅路の最後、誰と同じお墓に入るのかを考えるのはとても大切なことです。
不倫相手か、妻か…その悩みを解決するアドバイスをお送りします。

一度結婚したからと、妻にこだわる理由はない

恋愛を経て、周りに祝福され、一度はこの女性と結婚したのだから、自分は人生をこの人と共に過ごす義務がある…なんて風に考える必要は、今時ありません。

妻には妻の人生があるし、自分には自分の人生があるのです。
夫婦というのは、共に手を繋ぎ合って同じ方向を向いて歩いて行く存在です。

よそ見をしながら歩いていては、いつか必ず躓いてしまいます。

それに、心には別の女性の存在があるのに、それを隠して妻を愛しているように振る舞い続けるのもお互いにとって幸せではありません。
妻よりも愛し、守っていきたい女性が出来たのであれば、その女性との新しい人生を考えることは必要な事なのです。

こんな女性と結婚すれば幸せになれる!

それでは、どんな女性と結婚すれば幸せになれるのでしょうか。

多くの男性が理想とする結婚相手は、「料理上手」「夫を立ててくれる」「家事が上手(手を抜かない)」「お金を稼ぐ仕事をする」「子供が好き・しっかり子育てをする」「いつまでも若々しい」…等々沢山の条件があるでしょう。

けれど、その全てが完璧!まさに理想!なんていう女性はハッキリ言っていません。
完璧な人間なんて誰もいないのです。

しかしその中で私が「これは外すな!」と言っておきたいのは、「料理上手」であることです。
1日3食、ほとんど毎日自分の食事を妻に任せることになります。

それが美味しくない、もしくは栄養バランスが考えられていない、となると非常に辛いです。
体は食べるもので作られますから、栄養バランスが整っていないとなると、いつか体の調子を悪くするかもしれません。

今の奥さんの手料理はどうですか?レパートリーが少ない、味付けが濃いもしくは薄い、栄養が偏っていると感じることはありませんか?
一生、その料理を食べ続けることが出来ますか?

試しに、不倫相手に手料理を作ってもらうようにお願いしてみましょう。
もし不倫相手が、妻よりも料理上手なら…間違いなく、不倫相手の女性を選ぶことをお勧めします。

それでもやっぱり大切なのは、愛!

料理のことはよく分からない、どちらが作る物も多分美味しい…。
と思うのであれば、最終的にはやはり「より自分を愛してくれる女性」と結婚生活を送るべきです。

何故なら、女性は「愛しい男性にこそ尽くす」生き物だからです。
でも男性は「愛とかよく分からん」と思いがちですよね。

そこで、どちらがより自分を愛してくれているのか、見極める方法をお教えしましょう。

uranaiadb1

より自分を待っていてくれるのはどっち?

繁忙期ともなれば仕事は忙しくなる、休日はたまには一人で自分の趣味に没頭してみたい…そう思うと、妻にばかり構ってはいられませんよね。
男性は、やらなければいけないことが多いもの。

そんな時に、「どうして帰りがこんなに遅いの?」「一人でどこで何をしてたの?」なんて細かく追及されると、面倒だし困ってしまいますよね。
しかし、あなたを本当に愛している女性であれば、「今どこにいるとしても、ちゃんと私のところに帰って来てさえくれればいいの」と大人しく待っていてくれます。

不倫相手女性の事をよく見てあげて下さい。
メールの返事が遅くなっても、会えない時間が長くなっても、じっと待っていてくれているなら…きっと、良い奥さんになりますよ。

より自分の話を聞いてくれるのはどっち?

男性にとって、仕事は自分の生活から切っても切れない重要な物ですよね。
とはいえ、上司や部下がいて、毎日朝から晩まで仕事に追われていては、どうしてもストレスや愚痴が溜まります。

その愚痴を誰かに言いたいとは思っても、まさか会社で仕事の愚痴を言うわけにいきませんから、やはり過程で…となるはず。
愛しい相手の事であれば、辛い話でも愚痴でも、なんでも聞かせて欲しい!と思うのが女性です。

今の妻はどうでしょうか。
あなたがどれだけ愚痴っても、しっかり話をきいてくれますか?
「家庭に仕事を持ち帰る旦那なんて、サイテー」だなんて言われていませんか?
比べて、不倫相手はどうでしょうか。

「いつもお仕事お疲れ様!」とあなたの疲れを癒してくれる存在なら…そちらの女性と一緒になった方が、これからもお仕事を頑張れる気がしますよね。

むすび

気持ちで選べ!なんて言っても、そんなふんわりした言葉じゃわからん!ですよね。
なので今回は、具体的な見極め方法をアドバイスさせて頂きました。

これから先の何十年という長い時間を、誰と一緒に過ごすのかはとても重要なことです。

妻とは別れられない…なんて決めつけずに、不倫相手の女性の事をもっとよく見て、彼女と妻、どちらが自分の伴侶として相応しいのか、しっかり見極めて下さいね。

※期間限定※
あんゆ読者限定◇無料診断◇

Matsu
あんゆの管理人です。
不倫、浮気、略奪愛…最後までお楽しみ下さい。
a45451

関連記事