不倫は純愛

仕事でも使える!男性が喜ぶ褒め言葉3選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

男性は自己顕示欲が強い生き物です。
男なら誰でも、人に褒められたい、相手よりも優位な立場に立ちたい、自分自身を認められたい、という気持ちを持っています。
男性を褒めるコツを知り、「褒め上手」な女性になりましょう。

褒め上手は得をする!

男の人って自慢話や自分語りが多くて、話を聞くのはめんどくさい…そういうのはSNSにでも書いておいて欲しい、というのが女性の本音でしょう。
分かりますよ、その気持ちは分かります。

でも男性をコントロールするなら、相手を良い気分にさせておいた方がスムーズですよね?
誰だって好きな相手には優しくしたいし、そうじゃない相手には厳しくなってしまいます。
お願い事をしたい時や、失敗して謝らなければいけない時、相手の男性と仲良くなっていれば言いだしやすいはず。

日頃から相手の男心をくすぐり、沢山褒めて喜ばせておけば、いざという時に必ず自分の味方をしてくれます。
ちょっとしたコツですし、どんなシーンでも使える「褒め言葉」は、知っておいて損はありません。
是非この記事を読んで勉強しておいてくださいね。

uranaiadb1

彼の自慢話は嫌がらずに聞き、「すごい!」「さすが!」で適切な相槌を打つ

ベタな言葉ですが、「すごい!」は男性が100%喜ぶ言葉です。
「この前のプロジェクト、俺のアイデアがウケて大成功だったんだよ」
「後輩を育てるのが得意なんだよな、去年の新卒を育てたのは俺だし」

等、「いや、そうとも限らないでしょ」「また自慢話だ」とうんざりしてしまうような話も、とりあえず我慢して聞きましょう。
相手が褒めて欲しいポイントを適切に掴み、そこを褒めます。

上記の自慢話の褒め方は、
「○○さんのアイデア、良かったです!ああいうのが思いつくなんて、すごいです!」
「○○さんの教え方っていつもすごく丁寧で分かりやすいです、流石です!」

ただやみくもに、すごい・さすがを繰り返していてはイマイチ効果がありません。
より具体的に褒めるのがコツ。
相手が褒めて欲しいと思っている言葉を掴み、少し膨らませて褒めてあげましょう。

内面を褒める「○○さんのそういうところが好きです」

仕事の成果や結果を褒められることも勿論男性は喜びますが、より親しい仲なら相手の内面を褒めましょう。

「周りをよく見ていて、気遣いが上手なところが素敵です」
「面倒見が良くて、沢山の後輩に好かれているところを尊敬しています」

なんて、「自分の事を良く見てくれているんだな」と思わせるような褒め方がお勧めです。
内面の褒め方なんてよく分からない、相手の良い部分が見つからないけど、ご機嫌を取りたいからどうにか褒めたい!という場合には、相手がこだわっている部分、例えばファッションや趣味の事を褒めてみましょう。

「いつもお洒落ですよね。どういうところにお買い物に行くんですか?」「○○について凄く詳しいですよね。私も最近、面白そうだなって、気になっているんです」と、相手のセンスや知識量を褒めつつ、自分もそのことに興味があるという態度を見せれば、必ず相手に喜ばれます。

歳が離れた上司相手なら、ゴルフと子供がテッパンネタです。
「部長ってゴルフがお上手なんですよね?噂で聞きましたよ!」「係長のお子さんっておいくつなんですか?係長のお子さんなら、きっと可愛くて賢い子なんでしょうね」
こう言われて喜ばない男性はまずいません。

相手のどこを褒めればいいのか分からなくなったら、是非使って下さいね。

uranaiadb1

相手と恋仲になりたいなら「男らしい」「頼りになる」

ご機嫌取りの為ではなく、相手と親しくなる為に褒めたいのであれば、相手の男性的な部分を褒めましょう。

「○○さんってセクシーですよね、女性にモテるでしょう」「いつも沢山食べますよね、そういうところ男らしいです」「手、大きいですね、さすが男の人ってカンジです」「日焼けしましたね、男らしくて素敵です」「○○さん頭がいいから、いつも頼りにしてます!」

こんな感じでしょうか。
男の人なんて単純ですからね!分かりやすい言葉でガンガン褒めてあげましょう。
恋愛を意識している相手なら、男としての魅力を褒めてあげると効果的。

「男性的な部分に魅力を感じている」という気持ちが伝わりますし、言われた方も思わずドキッとすること間違いなしです。

また、より相手との仲を深めたい時に効果的なワードは「特別」「初めて」です。

「○○さんと居る時は、特別に楽しい気持ちがします」
「凄い!こんなの初めてです!」

男の独占欲を刺激し、恋愛心に火をつける「着火ワード」です!覚えておいて下さいね。

むすび

男性を褒める時はさり気なく、かつ分かりやすく、がコツです。
回りくどい言い方では伝わりません。

考えるのが面倒だと思ったらとりあえず「凄い!」「カッコイイ!」を連呼しておいてもOK。
相手の話を聞く時にぼんやり聞き流すのではなく、「褒めるポイント」を探しながら聞くといいですよ。
褒め上手はどんな場所でも好かれちゃいますので、意識してどんどん褒めるようにしましょう。

※期間限定※
あんゆ読者限定◇無料診断◇

Matsu
あんゆの管理人です。
不倫、浮気、略奪愛…最後までお楽しみ下さい。
a45451

関連記事